« 寒い夜空に火星 | トップページ | 食品中の放射性セシウムの規格基準が決まった »

2011.12.26

「いただきました」とか「廊下を飛ぶな」とか

高校までは比較的交流の範囲がローカルで、自分の使っている言葉が変だと感じたことはほとんどありませんでした。
それが大学に入るといろいろな地方出身の友達ができて、言葉づかいのおかしさを指摘されることがありました。

たとえば、「いただきました」。食事の前に「いただきまます」だから食事の後は「いただきました」だと何の疑いもなく使っていました。でも、「ごちそうさま」何だよね sweat01

もうひとつは「飛ぶ」。静岡では「走る」ことを「飛ぶ」と言います。
小学校の頃は、よく先生に「廊下を飛ぶな impact」と注意されました。ただ、「飛ぶ」ではなく「跳ぶ」なのかもしれませんね。

ブログネタ(終了): “自分の常識”が世間では違ったこと、ある?

|

« 寒い夜空に火星 | トップページ | 食品中の放射性セシウムの規格基準が決まった »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/53544809

この記事へのトラックバック一覧です: 「いただきました」とか「廊下を飛ぶな」とか:

« 寒い夜空に火星 | トップページ | 食品中の放射性セシウムの規格基準が決まった »