« アスター:開花 | トップページ | この秋、播く種 2011 パンジー、ダイアンサス »

2011.08.13

雑文集/村上春樹

「雑文集」は、村上春樹が1979年から2010年までの間にあちこちに書いた雑多な文章がまとめられています。

収められた69編の文章は、「序文・解説など/あいさつ・メッセージなど/音楽について/『アンダーグラウンド』をめぐって/翻訳すること、翻訳されること/人物について/目にしたこと、心に思ったこと/質問とその回答/短いフィクション - 『夜のくもざる』アウトテイク/小説を書くということ」という10のカテゴリーにわけられ掲載されています。

それぞれの文章は10ページ程の短いものです。
一編の短かさもあって、先日の10日程の入院した時に持って行きました。

実際、読んでみると一編の短かさの割には読み応えがありました。
村上がどのように文章を生み出しているのかよくわかります。
村上の物語は、年とともに社会へのコミットが深くなっていると感じます。
でも、活動のほとんどを書くことに費やし、作品で読者とつながる。それは、30歳の頃から変わっていないんだね。


本雑文集/村上春樹 (Murakami Haruki)/新潮社/2011

書籍の紹介一覧 B0123

・ MediaMarker

村上春樹 雑文集
村上 春樹
新潮社 ( 2011-01-31 )
ISBN: 9784103534273

|

« アスター:開花 | トップページ | この秋、播く種 2011 パンジー、ダイアンサス »

書籍の紹介」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/52426088

この記事へのトラックバック一覧です: 雑文集/村上春樹:

« アスター:開花 | トップページ | この秋、播く種 2011 パンジー、ダイアンサス »