« JR東日本 西日暮里駅 | トップページ | クリスマスローズ:開花 2011 »

2011.02.04

静岡でもインフルエンザが流行ってきました

静岡県内のインフルエンザの定点当たりの患者数が、30.03人(2011年1月24日〜30日)になったそうです。産経新聞が報じていました。

これまでの患者の増え方は、一昨年の2008/'09に似ています。

インフルエンザの週別定点当たり報告数(全国)の推移 厚生労働省/国立感染症研究所 2006年第28週(07.06)-2011年第3週(01.23)

でも、流行しているインフルエンザの種類はだいぶ違います。
一昨年のシーズンは、A/H1N1(Aソ連型)が主流でした。
昨シーズンは、ほとんどが新た登場したパンデミックA/H1N1 2009(新型インフルエンザ)でした。

今シーズンはどうなるのだろうと思っていたら、最初はA/H3N2(A香港型)が多く、ここへきてパンデミックA/H1N1 2009が多くなっています。一方、Aソ連型はなりを潜めてしまいました。

インフルエンザ亜型別分離割合


引用文人インフルエンザ、警報レベル超える 静岡
静岡県内の1月24~30日の季節性インフルエンザと新型インフルエンザの患者数が1定点医療機関当たり30.09人となり、今季初めて警戒レベルの30人を超えたことが、静岡県のまとめで分かった。警戒レベルは「大きな流行が発生、継続している」状態とされる。
定点当たり患者数は前週(1月17~23日)の29.75人から微増。地域別では、県内9保健所のうち東部と御殿場、富士、中部の4保健所管内で30人を超えた。
県疾病対策課によると、年明け以降に県内で流行しているのは新型インフルエンザが大半。同課では「新型は広い年齢層で重症化する危険がある」として、予防接種の希望者は早めに受診することや、手洗いとうがいの励行など対策を呼びかけている。
2011/02/03/産経新聞

|

« JR東日本 西日暮里駅 | トップページ | クリスマスローズ:開花 2011 »

ウイルス、細菌、微生物」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/50767964

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡でもインフルエンザが流行ってきました:

« JR東日本 西日暮里駅 | トップページ | クリスマスローズ:開花 2011 »