« JR東海 原駅 | トップページ | 鳥インフルエンザ マナヅルからカラスへ感染?? »

2010.12.28

A香港型インフルエンザを中心に流行が始まったみたいです

12月13日〜19日の定点当たりの全国の患者数が1を超え、2010/2011シーズンのインフルエンザが流行期に入ったそうです。

パンデミックH1N1 2009(新型インフルエンザ)が夏頃から流行した昨シーズンはイレギュラーだったけれど、例年、12月に入るとそろそろインフルエンザが流行り始めます。

インフルエンザの週別定点当たり報告数(全国)の推移 厚生労働省/国立感染症研究所 2006年第28週(07.06)-2010年第50週(12.19)

昨シーズン、パンデミックH1N1ほぼ一色に染められたウイルスが、今シーズンはどうなるのかとても興味がありました。

今のところ主流の亜型は、A/H3N2(A香港型)で約2/3を占めています。それに続いて多いのがパンデミックH1N1で約1/3となっています。

面白いのは、パンデミックウイルスと同じ亜型のA/H1N1(Aソ連型)がまだ確認されていないことです。
新しいウイルスが出現すると、既存のウイルスと置き換わると言われているけれど、そんなことが起こっているのだろうか?

インフルエンザの週別定点当たり報告数(全国)の推移 厚生労働省/国立感染症研究所 2006年第28週(07.06)-2010年第50週(12.19)


引用文インフルエンザ、今季初「流行入り」
厚生労働省は24日、全国の医療機関約4800か所から報告された今月13~19日のインフルエンザ患者数が1定点(医療機関)あたり平均で1.41人となり、今季初めて「流行入り」したと発表した。
流行の目安は、1定点当たり1人。都道府県別に見ると佐賀の8.26人が最も多く、次いで長崎7.36人、北海道5.87人、大分2.55人の順。20都道県で1人を超えた。
2010/12/24/読売新聞

|

« JR東海 原駅 | トップページ | 鳥インフルエンザ マナヅルからカラスへ感染?? »

ウイルス、細菌、微生物」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/50416637

この記事へのトラックバック一覧です: A香港型インフルエンザを中心に流行が始まったみたいです:

« JR東海 原駅 | トップページ | 鳥インフルエンザ マナヅルからカラスへ感染?? »