« 信号機って薄くなったんだね | トップページ | プリムラ・ポリアンサ:気温が下がるにつれ新しい葉をどんどん展開しています »

2010.11.27

雪の妖精「雪虫」じゃないけれど

ミツバの葉に体長が約2㎜の白い綿のようなものをまとった昆虫がとまっていました。

有翅アブラムシに似ているけれど、何だろう sign02 と思ってネットで調べてみると、アブラムシの仲間のワタムシらしいです。

アブラムシの中でも白い綿のような分泌物をまとったものを総称したものが、ワタムシみたいです。

ワタムシ
・ アブラムシの一種のワタムシ 拡大写真はこちら

いろいろと調べてみると、ワタムシの中でも「トドネオオワタムシ」を北海道の人は「ユキムシ(雪虫)」と呼んでいるそうです。
トドネオオワタムシは、11月頃になるとトドマツの木からヤチダモの木に大挙、ふわふわと移動し、その様子が雪が降っているように見えるので、ユキムシと呼ばれているみたいです。

ユキムシが舞ってしばらくすると本格的な雪になる。雪の降る地域ならではの風情のある名前だなぁと、雪がほとんど降らない静岡に住む僕は感じます。

今年も北海道ではユキムシが舞ったのだろうか?

参考記事:雪虫(ユキムシ)、雪の妖精/北海道ぷちがいど


・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

|

« 信号機って薄くなったんだね | トップページ | プリムラ・ポリアンサ:気温が下がるにつれ新しい葉をどんどん展開しています »

ガーデニング」カテゴリの記事

ガーデニング日記 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/50145360

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の妖精「雪虫」じゃないけれど:

« 信号機って薄くなったんだね | トップページ | プリムラ・ポリアンサ:気温が下がるにつれ新しい葉をどんどん展開しています »