« カメラやレンズの手ブレ補正機能って、結構使えるね | トップページ | アグロステンマ:定植 »

2010.10.23

カセットテープ対応のウォークマンは販売終了ですか

カセットテープに対応したソニーのウォークマンがが販売終了になるそうです。もう、製造はしていないようで店頭の在庫がなくなれば、手に入れることが難しくなります。産経新聞が報じていました。

先日、久しぶりにカセットテープが必要になって大型家電店へ買いに行ったのだけれど、カセットテープは売り場の片隅に追いやられていました。需要が余りないんですね。
そのことを思えば、カセットテープ対応のウォークマンが日本で販売が終了になるのも無理ないね。新たにこのタイプを購入するのは相当稀なケースだろうし。

カセットテープとウォークマン
・ カセットテープとウォークマン

ウォークマンが最初に登場した時はインパクトがありました。

今では電車の中で、iPodやウォークマン、携帯電話などの携帯プレイヤーで音楽?を聞いている人を見るのはありふれた光景です。
外でヘッドフォンで音楽を聞くスタイルを確立したのはウォークマンじゃないのかな。

ウォークマンが出てきた当初は、ヘッドフォンを中心に聞くオーディオ機器が売れるのかといった議論もあったものね。

僕が持っているのは、ステレオ録音ができるWM-Dというウォークマンです。
残念ながらモーターがへたって動かないけれど sweat01

SONY WALKMAN WM-D3

SONY WALKMAN WM-D3
・ SONY WALKMAN WM-D3


引用文「カセット」ウォークマン販売終了 30年の歴史に幕
ソニーは22日、カセットテープ対応の携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」の国内販売を終了することを明らかにした。今年4月末の段階で最後の5モデルの出荷をすでに終えており、店頭の在庫が順次なくなり次第、姿を消すことになる。中国メーカーで委託生産している海外向けは販売を続ける。
ウォークマンは1979年に登場し大ヒット。「音楽を持ち歩く」とのコンセプトで若者のライフスタイルも大きく変えた。名称はカセットタイプからCD、MD対応を経て、ネットからメモリーにダウンロードするデジタル方式の現行タイプへと継承された。
カセットタイプは、録音用に使う人向けなどで細々と販売を続けていたが、国内ではついに30年余りの歴史に幕を閉じることになる。
ウォークマンの累計販売台数は、今年3月末までで約4億台。デジタル方式のウォークマンは最近、米アップルの「iPod(アイポッド)」と抜きつ抜かれつの激しいシェア争いを繰り広げている。
CDやMD対応機種も販売は低調だが、当面は生産・販売を続けるという。
2010/10/22/産経新聞


|

« カメラやレンズの手ブレ補正機能って、結構使えるね | トップページ | アグロステンマ:定植 »

ニュース」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/49821585

この記事へのトラックバック一覧です: カセットテープ対応のウォークマンは販売終了ですか:

« カメラやレンズの手ブレ補正機能って、結構使えるね | トップページ | アグロステンマ:定植 »