« 静岡駅前地下ガス爆発事故から30年が経つんですね | トップページ | ガーベラ:フェスティバルの花はセミダブル »

2010.08.17

風の谷のナウシカ/宮崎 駿

宮崎 駿の「風の谷のナウシカ」は、ナウシカを通して命を奪うこと、生き延びること、生きなければならないことが描かれます。

そして、破壊と混沌が終焉した後、ナウシカは土鬼の地に留まり、土鬼の人々と生きたとされています。
また、チククの成人後に風の谷に帰ったとも、森の人のもとへ去ったとも。

ナウシカのその後は、どうなったんだろう?

物語は破壊と混沌から希望へと向かうところで終わります。

やっぱり物語はここで終わりなんだろうな。その先が描かれたとしても、人の性で再び混沌と絶望の世界が繰り返されるかもしれないものね。


本風の谷のナウシカ 1〜7
宮崎 駿 (Miyazaki Hayao)/徳間書店 (ANIMAGE COMICS ワイド判)/1983〜'95

書籍の紹介一覧 B0116


・ MediaMarker

風の谷のナウシカ (1)
宮崎 駿
徳間書店 ( 1987-07 )
ISBN: 9784197735815
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

風の谷のナウシカ (2)
風の谷のナウシカ (3)
風の谷のナウシカ (4)
風の谷のナウシカ (5)
風の谷のナウシカ (6)
風の谷のナウシカ (7)

※ 「おすすめ度」は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

ブログネタ(終了): 続編が見たいアニメや漫画といえば何?

|

« 静岡駅前地下ガス爆発事故から30年が経つんですね | トップページ | ガーベラ:フェスティバルの花はセミダブル »

書籍の紹介」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/49164994

この記事へのトラックバック一覧です: 風の谷のナウシカ/宮崎 駿:

« 静岡駅前地下ガス爆発事故から30年が経つんですね | トップページ | ガーベラ:フェスティバルの花はセミダブル »