« ナイト・パッセージ/ウェザー・リポート | トップページ | パンデミックインフルエンザが終息に »

2010.08.12

2001年宇宙の旅 /アーサー・C・クラーク

先日、R. シュトラウスの交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」(ユージン・オーマンディ指揮/フィラデルフィア管弦楽団)のレコードを聴いていて、SFの名作、アーサー・C・クラークの「2001年宇宙の旅 」は読んでいないなぁと読み始めました。

もう随分前にスタンリー・キューブリックの映画「2001年宇宙の旅」は見ていましたが、小説のほうがわかりやすいですね。

今回、読んだ「決定版」の冒頭に、2001年直前に書かれたクラークの序文が掲載されています。
今まで小説が映画の原作となっていたと思っていましたが、小説の執筆と映画の制作は同時並行で進められていたんですね。序文には小説が書かれた1968年当時のインサイド・ストーリーがわかって面白いです。

映画では、宇宙船ディスカバリー号でのボーマン宇宙飛行士とコンピュータHAL9000の不気味な戦いが、僕には印象に残っていて、最期のモノリスの中に取り込まれていくシーンはそれが何を意味するのかよくわかりませんでした。

小説では類人猿がモノリスの影響でヒトへ進化?して行く様子や、月面で発見されたモノリスが丁寧に描かれています。
また、HALが反乱した理由も描かれます。

ディスカバリー号が目指した土星(映画では木星)で発見したモノリス、そしてスターゲートを通ってボーマンがスターチャイルドになっていく様子も丁寧に描かれるのだけど、その意味するところは依然、僕にとっては謎です sweat01


本決定版 2001年宇宙の旅 (2001:a space odyssey)
Aethur C. Clarke/伊藤典夫 (Ito Norio)(訳)/早川書房 (ハヤカワ文庫)/1993

書籍の紹介一覧 B0115

・ MediaMarker

決定版 2001年宇宙の旅
アーサー・C. クラーク
早川書房 ( 1993-02 )
ISBN: 9784150110000
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

※ 「おすすめ度」は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

|

« ナイト・パッセージ/ウェザー・リポート | トップページ | パンデミックインフルエンザが終息に »

書籍の紹介」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/49114397

この記事へのトラックバック一覧です: 2001年宇宙の旅 /アーサー・C・クラーク:

« ナイト・パッセージ/ウェザー・リポート | トップページ | パンデミックインフルエンザが終息に »