« アオバハゴロモの幼虫 | トップページ | 「猛烈な雨」について調べてみた »

2010.07.14

インフルエンザ21世紀/瀬名秀明

昨年、流行したインフルエンザ パンデミックH1N1 2009(新型インフルエンザ)は、季節性インフルエンザとは違った消長をたどって、年明けると徐々に収束に向かいました。

インフルエンザの週別定点当たり報告数(全国)の推移 厚生労働省/国立感染症研究所 2006年第28週(07.06)-2010年第25週(06.27)

今年の秋以降、パンデミック・ウイルスが主流になるのか、季節性インフルエンザのH1N1、H2N2、H3N2と共存するするのか興味があります。

瀬名秀明の「インフルエンザ21世紀」は、パンデミックH1N1 2009 の流行を含め、インフルエンザ全般について、研究者ばかりではなく公衆衛生に関わる人など幅広く取材し、自然科学、社会科学の両面からまとめられています。

文中に「ものをこわがらなすぎたり、こわがりすぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつかしい」という寺田寅彦の言葉が、公衆衛生の難しさと重ねて引用されます。
確かにそのとおりだと思います。

そして、昨年のパンデミックH1N1 2009 の騒動の時、現場で対策に当たっている人たちが対峙しているのが、ウイルスそのものではなく、人間社会であった点が印象に残りました。

「インフルエンザ21世紀」は、病原性の強い新型のインフルエンザウイルスを知る一般向けの良い本だと思いました。


本インフルエンザ21世紀
瀬名秀明 (Sena Hideaki)/鈴木康夫 (Suzuki Yasuo)(監修)/文藝春秋(文春新書)/2009

書籍の紹介一覧 B0114

・ MediaMarker

インフルエンザ21世紀
瀬名 秀明
文藝春秋 ( 2009-12 )
ISBN: 9784166607334
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

※ 「おすすめ度」は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

|

« アオバハゴロモの幼虫 | トップページ | 「猛烈な雨」について調べてみた »

ウイルス、細菌、微生物」カテゴリの記事

書籍の紹介」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/48853649

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ21世紀/瀬名秀明:

« アオバハゴロモの幼虫 | トップページ | 「猛烈な雨」について調べてみた »