« ヒロヘリアオイラガの成虫 | トップページ | 名前がわからなかった小さな蛾は多分、トリバガ »

2010.06.05

脚ができた東静岡駅北口の等身大ガンダム

JR東静岡駅北口前の広場に設置を進めている等身大ガンダムは、脚の部分まで姿を現しました。
5月30日は見物する人はほとんどいなかったけれど、今日は眺めている人が10人程度いました。
遠目からでも組立過程も公開すれば、完成前から人は結構集まると思うんだけど。

静岡新聞によると一般公開は7月24日からだそうです。

JR東静岡駅北口から見た組み立て中の等身大ガンダム
・ JR東静岡駅北口から見た組み立て中の等身大ガンダム

ドコモビル前の歩道から見た組み立て中の等身大ガンダム
・ ドコモビル前の歩道から見た組み立て中の等身大ガンダム

Googule map
Googule map

関連エントリー
等身大ガンダムが東静岡に・・・ 僕にとっては鉄人28号のほうが馴染みかな (2009.12.23)
等身大ガンダムが立つのはここかな? (2010.01.28)
JR東静岡北口前の等身大ガンダムを見て来ました まだ、腕だけだけど (2010.05.30)
胴体と腕が付いた東静岡駅北口の等身大ガンダム (2010.06.15)
ビームサーベルを持った東静岡駅北口の等身大ガンダム (2010.06.17)
ほぼ全容を現した東静岡駅北口の等身大ガンダム (2010.06.18)
近くで見るとやっぱり大きいね。東静岡北口の等身大ガンダム (2010.07.30)
静岡ホビーフェアの会場には駐車場がない (2010.07.31)


引用文ガンダム立像、制作状況内覧会 静岡
静岡市葵区のJR東静岡駅前で、7月に公開される人気ロボットアニメ「機動戦士ガンダム」の実物大立像の完成を前に2日、制作段階を紹介する内覧会が行われた。
この日までに完成していたのは、台座に取りつけられていた骨組みとなる下半身の鉄骨部分。現在約6割が完成し、今月中に胸部や腰、両腕部分などの外装を強化プラスチックで取り付けていく。その後、周辺の環境整備や演出を進め、7月24日から一般公開を始める。
立像展示は、ガンダムのプラモデル「ガンプラ」誕生30周年の記念プロジェクトとして、バンダイ(本社・東京都)がガンプラ生産拠点「バンダイホビーセンター」のある静岡市で公開を決めた。東京・お台場に続いて2カ所目。
関係者は「お台場の時と違う新装備の演出も行う予定なので、市のイベント『ホビーフェア』の開催と合わせて、ガンダムとプラモデルの魅力を感じてほしい」と期待している。
2010/06/03/静岡新聞

|

« ヒロヘリアオイラガの成虫 | トップページ | 名前がわからなかった小さな蛾は多分、トリバガ »

スケッチブック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/48548867

この記事へのトラックバック一覧です: 脚ができた東静岡駅北口の等身大ガンダム:

« ヒロヘリアオイラガの成虫 | トップページ | 名前がわからなかった小さな蛾は多分、トリバガ »