« デンドロビューム:花芽が目立ってきた 2010 | トップページ | Thunderbird 3 にメジャーバージョンアップ »

2010.02.08

第一三共が抗インフルエンザウイルス薬の国内製造販売の承認申請

第一三共が、新たな抗インフルエンザウイルス薬 CS-8958 の国内製造販売の承認申請をしたとプレスリリースしていました。

CS-8958 は、タミフルやリレンザ、先日、販売を開始した塩野義製薬のラピアクタと同じ、インフルエンザウイルスが感染細胞から脱出するのを阻害するノイラミニダーゼ阻害剤で、リレンザと同じ吸引により投与されます。
ただ、ラピアクタと同様、1回の投与で効果があるようです。

引用文抗インフルエンザウイルス薬CS-8958の国内製造販売承認申請のお知らせ
第一三共株式会社(本社:東京都中央区)は、抗インフルエンザウイルス薬CS-8958について、日本国内におけるA型またはB型インフルエンザ感染症治療の適応に関して、製造販売承認申請を行いましたのでお知らせいたします。
CS-8958 は、laninamivir のプロドラッグ体であり長時間作用型のノイラミニダーゼ阻害剤で、第一三共が創製した「純国産ノイラミニダーゼ阻害剤」です。インフルエンザウイルスの感染部位である気道において直接作用を発揮する吸入治療剤で、これまでの臨床試験成績から成人、小児のA 型またはB 型のインフルエンザウイルスに感染した患者について、1回の投与で治療効果を示すことを確認しています。更には新型インフルエンザ(H1N1)および強毒型鳥インフルエンザ(H5N1)に対して非臨床レベルでの効果を確認しており、将来のインフルエンザ治療に広く貢献するものと期待されます。
2010/02/01/第一三共株式会社


|

« デンドロビューム:花芽が目立ってきた 2010 | トップページ | Thunderbird 3 にメジャーバージョンアップ »

ウイルス、細菌、微生物」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/47494504

この記事へのトラックバック一覧です: 第一三共が抗インフルエンザウイルス薬の国内製造販売の承認申請:

« デンドロビューム:花芽が目立ってきた 2010 | トップページ | Thunderbird 3 にメジャーバージョンアップ »