« バージョンアップの影響なのか、サイドバーに一部のリストが表示されなくなった | トップページ | 等身大ガンダムが立つのはここかな? »

2010.01.27

粘菌の変形体が鉄道網に似た形に変形するという話

少し前の読売新聞に面白い記事が載っていました。

それは、関東地域をかたどった容器の首都圏の主要駅の位置に餌を置いて粘菌を育てると、最初は全方向的に広がるのだけど、時間とともに餌(駅)を結んだネットワークのような形になり、鉄道網に類似してくるという、北海道大学の研究成果です。

きっと、細胞の中の核なんかが移動するのに一番合理的な形が、鉄道網と似ているんだろうなと勝手な想像をしてしまいました。
人間が作り出した物って洗練されれば洗練されるほど、生物に似てくる一例なのかなぁ。

粘菌って植物のようでもあり動物のようでもある不思議な生物ですね。

参考サイト:変形菌の世界/国立科学博物館 植物研究部

それと、この記事を読んでいて宮崎 駿の「風の谷のナウシカ」を思い出しました。古いなぁ sweat01

・ 風の谷のナウシカ 1,2,3,4,5,6,7/宮崎 駿

引用文「粘菌」エサの駅つなぎ首都圏そっくり鉄道網
「粘菌」と呼ばれる単細胞生物が鉄道網のような高度なネットワークを構築する能力があることを、北海道大学の手老(てろう)篤史研究員らが突き止めた。
実験で、粘菌が首都圏鉄道網のミニチュア版そっくりに変形していく様子を確認した。22日付の米科学誌「サイエンス」に発表する。
粘菌は、胞子から小さなアメーバが生まれ、アメーバ同士が融合して、変幻自在に伸びるネバネバの集合に育つ。実験では、関東地方をかたどった容器(縦21センチ、横17センチ)の中で、横浜や千葉など首都圏の主要36駅に当たる位置にエサを配置。東京都心に粘菌を置いた。粘菌はエサを求めて広がり、次第に実際の鉄道網のようになった。
粘菌が変形した「鉄道網」を分析すると、輸送効率やアクシデント時の迂回(うかい)路の確保といった点で、実際のJR鉄道網より優れたところがあるという。手老さんは「数億年を生き抜いてきた能力が巧妙な『鉄道網』を構築した」とみる。
2010/01/22/読売新聞

|

« バージョンアップの影響なのか、サイドバーに一部のリストが表示されなくなった | トップページ | 等身大ガンダムが立つのはここかな? »

ウイルス、細菌、微生物」カテゴリの記事

サイエンス」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/47370745

この記事へのトラックバック一覧です: 粘菌の変形体が鉄道網に似た形に変形するという話:

« バージョンアップの影響なのか、サイドバーに一部のリストが表示されなくなった | トップページ | 等身大ガンダムが立つのはここかな? »