« パンデミックH1N1 2009 と季節性インフルエンザの病原性 | トップページ | カテゴリー毎のバックナンバー表示の仕様変更は有用かもしれない »

2009.11.04

読書週間

この前、仕事帰りに書店で本を購入したら「書店くじ」をもらったとき、そうだ読書週間なんだと思いました。

読書週間 書店くじ

でも、読書週間ってなんだろ sign02 「読書の秋」くらいしか思いつかないけど。

それで、ネットで調べてみると、「読書週間」は1947年から始まる歴史のある行事なんですね。その前の「図書週間」からだと1924年まで遡れるようです。

現在は社団法人読書推進運動協議会が、「読書週間」を主催しています。

週間は、文化の日(11月3日)を中心とした10月27日から11月9日の2週間。協議会のサイトには「読書週間」のロゴまで用意されていました。

本を読むことはいいことなんで、下にロゴのひとつを貼りました。

2009読書週間 ロゴ

ちなみに書店くじは、日本書店商業組合連合会が「読書週間」の期間中に書籍500円に1枚発行するくじです。

引用文読書週間
終戦まもない昭和22年、まだ戦火の傷痕が至るところに残っているなかで「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という決意のもと、出版社・取次会社・書店と公共図書館、そして新聞・放送のマスコミ機関も加わって、11月17日から、第1回『読書週間』が開催されました。
そのときの反響はすばらしく、翌年の第2回からは期間も10月27日~11月9日(文化の日を中心にした2週間)と定められ、この運動は全国に拡がっていきました。
そして『読書週間』は、日本の国民的行事として定着し、日本は世界有数の「本を読む国民の国」になりました。
いま、電子メディアの発達によって、世界の情報伝達の流れは、大きく変容しようとしています。しかし、その使い手が人間であるかぎり、その本体の人間性を育て、かたちづくるのに、「本」が重要な役割を果たすことはかわりありません。
暮らしのスタイルに、人生設計のなかに、新しい感覚での「本とのつきあい方」をとりいれていきませんか。
『読書週間』が始まる10月27日が、「文字・活字文化の日」に制定されました。よりいっそうの盛り上がりを、期待いたします。
2009・第63回 読書週間標語 思わず夢中になりました
2009/社団法人読書推進運動協議会

|

« パンデミックH1N1 2009 と季節性インフルエンザの病原性 | トップページ | カテゴリー毎のバックナンバー表示の仕様変更は有用かもしれない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/46664184

この記事へのトラックバック一覧です: 読書週間:

« パンデミックH1N1 2009 と季節性インフルエンザの病原性 | トップページ | カテゴリー毎のバックナンバー表示の仕様変更は有用かもしれない »