« 塩野義が開発中のインフルエンザ治療薬が製造販売の承認申請 | トップページ | Firefox が 3.5.5 にマイナーバージョンアップ »

2009.11.06

新しい霊長類学/京都大学霊長類研究所

様々な学問の最終的な目的というか興味の対象というか、それは人間とは何か、自分とは何かを求めるものかもしれません。
そんなことを考える生物は地球上に人間しかいないのかなぁ。

「新しい霊長類学」は、京都大学霊長類研究所の創設40年の節目に、研究所の教員すべてによって書かれたものです。
一般の人を対象に最新の霊長類学の研究成果を織り込み、100問100答形式でわかりやすく説明されています。

ヒトはサル(霊長類)の一種なんだけど、遺伝子レベルなどの研究が進むにつれ、他のサル、特にヒト科(チンパンジーやゴリラ、オラウータンなど)のサルと余り違わないんじゃないかと思う一方で、相当に特異な存在なような気もします。

この本の中で、研究所長の松沢哲郎は、ヒトと他のサルとの違いは、時間や空間を越えて想像ができる「思い悩むサル」(P152)じゃあないかと書きます。

「思い悩むサル」かぁ。思い、悩むのはヒトであるということ・・・

面白い本です。

本新しい霊長類学
京都大学霊長類研究所/講談社(ブルーバックス)/2009

・ 書籍の紹介一覧 B0103

・ MediaMarker

新しい霊長類学
京都大学霊長類研究所
講談社 ( 2009-09-18 )
ISBN: 9784062576512

※ 「おすすめ度」は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

|

« 塩野義が開発中のインフルエンザ治療薬が製造販売の承認申請 | トップページ | Firefox が 3.5.5 にマイナーバージョンアップ »

サイエンス」カテゴリの記事

書籍の紹介」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/46520012

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい霊長類学/京都大学霊長類研究所:

« 塩野義が開発中のインフルエンザ治療薬が製造販売の承認申請 | トップページ | Firefox が 3.5.5 にマイナーバージョンアップ »