« Firefox が 3.5.4 にマイナーバージョンアップ | トップページ | ガーベラ:秋の花 »

2009.10.30

バイクのバックミラーの取り付け方

僕は通勤で駅まで原動機付自転車を使っています。
この春に前に使っていた原付が古くなったので、スズキのレッツ4に買い換えました。

使い出してから半年ほど経ち、快適に動いています。
ただ、右のバックミラーが緩んでグラグラになることが何回かありました。

最初は購入したお店でバックミラーのねじを締めなおしてもらっていましたが、スパナがあれば自分でもできるなぁと思って、自分で締めなおすようになりました。

スズキ レッツ4
・ スズキ レッツ4

ただ、締め方がよくわからないのです。逆ねじ(普通のねじは時計まわりに回すと締まりますが、逆ねじは反時計まわりに回すと締まります。)であることはわかるのだけど、単純に締めただけでは上手く締まらず、適当に締めてごまかしていました。

でも、なんだか釈然としないので、ネットで調べたら埼玉県川越市にある中里輪店本店のサイトの「58ミラーの取り付け方」というページに取り付け方が掲載されていました。

なお、以下に紹介する方法は、2007年以降のスズキとホンダのモデルのバックミラー(左右)の取り付け方で、ヤマハのモデルは左右のねじの方向が違うようです。ヤマハの取り付け方も「58ミラーの取り付け方」掲載されていました。

さて、休日にそのページの説明を参考に、よく緩むレッツ4の右のバックミラーを一度取り外し、再度、取り付けてみました。

バックミラーは、バックミラー、バックミラーステー(ミラーの柄の部分)、アダプタボルト(ハンドルにステーを取り付けるボルト)、ロックナット(ステーを固定するナット)とロックナットカバー(ロックナットとアダプタボルトを覆うゴムのカバー)から構成されています。

スズキ レッツ4の右バックミラー

バックミラーとバックミラーステーは一体化されて分離はできないけれど、下の写真がねじを緩めてハンドルからバックミラーをはずしたところです。

スズキ レッツ4の右バックミラーの部品

バックミラーを取り付けるには、まず、アダプタボルトをハンドルにねじ込みます。このボルトは正ねじで、普通のねじと同じようにスパナで時計回りに回して、しっかりと取り付けます。

アダプタボルトの取り付け
・ アダプタボルトの取り付け

ロックナットをバックミラーステーの一番奥までねじ込みます。ロックナットは逆ねじなので反時計方向に回すとステーの奥に入っていきます。
この、ステーの一番奥までねじ込むところがポイントだと思います。

ロックナットをバックミラーステーに取り付ける
・ ロックナットをバックミラーステーに取り付ける(↑上の写真のようにステーの一番奥までねじ込む)

バックミラーステーをアダプタボルトに止まるまでねじ込みます。ここも逆ねじなので反時計回りで締まります。

バックミラーステーをアダプタボルトに取り付ける
・ バックミラーステーをアダプタボルトに取り付ける

バックミラーステーを止まるまでねじ込んだら、今度は逆方向の時計回りに約2回転して緩めます。
この時、アダプタボルトとロックナットの間に隙間ができます。この隙間ができることがポイントだと思います。

バックミラーステーを2回転ほど緩める
・ バックミラーステーを2回転ほど緩める

乗車位置から後方の安全が十分確認できる位置にバックミラーとバックミラーステーの位置を調整し、ロックナットをスパナで反時計方向に締め付けます。逆ねじです。
締め付ける時、アダプタボルトがロックナット一緒に動いて緩んでしまうことがあるので、アダプタボルトもスパナで固定し一緒に動かないようにします。

ロックナットの締め付け
・ ロックナットの締め付け

最後にロックナットカバーを元の位置に戻します。

 ロックナットカバーを元の位置に戻す
・ ロックナットカバーを元の位置に戻す

取り付け方がわかってしまうと簡単なんだけど、仕組みがわからないうちは締めてもグラグラしたりしてイライラしていました。

|

« Firefox が 3.5.4 にマイナーバージョンアップ | トップページ | ガーベラ:秋の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

hideponさん、こんにちは。
僕のエントリーが役に立って嬉しいです。

投稿: Kaze | 2016.10.12 23:59

バイクのミラーで強く回しすぎて、どちかわからなく困ってました。
写真でわかりました
ありがとうございます!!

投稿: hidepon | 2016.10.12 18:38

ダメ男さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
スパナはふたつあったほうがキッチリ締まると思います。

投稿: Kaze | 2013.11.20 00:47

ブログを拝見致しました。ミラーが緩んで締め付けに四苦八苦しておりますが、ここを見ながら再度チャレンジしたいと思います。12番のスパナが二つないと大変ですね

投稿: ダメ男 | 2013.11.17 21:42

はんこっくさん、コメントありがとうございます。
スパナはふたつ使った方がきっちり締まると思います。

投稿: Kaze | 2013.07.16 23:58

なるほど!
そういうことだったんですね。
私のレッツ4もミラーがゆるゆるで困っていました。
ロックナットだけ締めてもうまくいかないし、うまくいったようでも長続きしないし…でも自分で直したかったので助かります。
まずはスパナが1つしかないのでもう1つ買います。

投稿: はんこっく | 2013.07.16 20:55

ヤンさん、コメントありがとうございます。
僕のエントリーがお役に立ててうれしいです。バックミラーの取付け方は知らないと戸惑いますね ^^;

投稿: Kaze | 2013.03.03 23:37

バックミラーの取り付け、よく理解できました。
ありがとうございます。
とくにいままで、2回転戻しのところ、まったく知りませんでした。
m(__)m

投稿: ヤン | 2013.03.03 13:15

まっすーさん、こんにちは。
この方法でやってミラーがグラグラしなければいいと思います。アダプタボルトはスパナで固定しておいたほうがしっかり締まります。

投稿: Kaze | 2013.01.13 00:23

重要な用語はステー、ロックナット、アダプタボルトで、

ねじの特性は
アダプタボルト→ハンドルに固定させる部分は正ねじ
ロックナットとステー→逆ねじ

通常のメンテで鏡がぐらつく場合は、アダプタボルトがきちんと固定されていることを確認し、
ロックナットを反時計回りに回して締める。

その際は正ねじのアダプタボルトが一緒に動いてゆるんでしまわないように、アダプタボルトが閉まっているより弱い締め力でロックナットを締める。
又は、スパナ二つを用意し、一つは下側の正ねじのアダプタボルトを固定して、もう一つはロックナットを反時計回りに回して締める。

これで正しいでしょうかね?

投稿: まっすー | 2013.01.12 13:52

僕のエントリーが役に立ってうれしいです。
取り付け方を知らないと、ミラーが固定されずイライラします ^^;
なお、お名前の記載がなかったの「投稿者不詳」としました。

投稿: Kaze | 2012.12.05 23:34

走行中にいきなり緩んで、いそいで家に帰りこのページを参考にさせていただきました。助かりました、ありがとうございます!!

投稿: 投稿者不詳 | 2012.12.05 17:50

@エンジニア(電工)さん、こんにちは。

ミラーの取付け方はわかってしまうと簡単ですが、知らないと混乱しますね。
僕の場合、駅の駐輪場で隣の原付と擦れ合って、ミラーが緩むことがよくあります。

投稿: Kaze | 2011.08.22 22:38

僕も新車でレッツ4買ったんですけど、右のミラーが緩みました、工場のモンキーレンチを借りて閉めなおしました、多分仮締めのままだったんでしょうね。

投稿: @エンジニア(電工) | 2011.08.22 21:28

名無しさん、こんにちは。

僕のエントリーが役に立ってうれしいです。
バックミラーの取り付け方は、わかってしまうと簡単なんですが、知らないと手こずりますね。

投稿: Kaze | 2011.02.05 00:16

有益な情報ありがとうございます。
とても参考になりました。m(_ _)m

投稿: 名無しさん | 2011.02.03 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/46517985

この記事へのトラックバック一覧です: バイクのバックミラーの取り付け方:

« Firefox が 3.5.4 にマイナーバージョンアップ | トップページ | ガーベラ:秋の花 »