« インフルエンザの感染者に比べて死亡者が少ない理由は何なんだろう? | トップページ | カンパニュラ:定植 »

2009.10.18

うたかたのオペラ/加藤和彦

加藤和彦さんが亡くなられたそうです。昨日の夕方、ネットのニュースで知りました。
自殺だそうです。何があったのだろう。
残念です。

昨日の夜は、レコードラックから「うたかたのオペラ」をひっぱり出してきて聴いていました。

1980年の西ベルリンでの録音。当時はまだドイツは統一されていませんでした。
ヨーロッパ・ドイツの雰囲気と言うよりも、僕には大正ロマンを感じる作風です。

うたかたのオペラ/加藤和彦

そうそう、このLPにはおまけにEPがついていました。EPは片面だけに「アラウンド・ザ・ワールド」が1曲だけ収録されています。


LP/CDうたかたのオペラ L'opera Fragile
加藤和彦(vo,g) 大村憲司(g) 細野晴臣(b) 高橋幸宏(ds) 矢野顕子(p) 岡田 徹(org) 清水信行(prophet 5,orchestration) 佐藤奈々子(vocal accompaniment) Heinz von Hermann(sax) 松武秀樹(synthesizer programmer) Gunter Melde(strings) 坂本龍一(p,prophet 5) 巻上公一(vo)
加藤和彦/ワーナー・パイオニア/1980

01. うたかたのオペラ L'opera Fragile
02. ルムバ・アメリカン Rumba American
03. パリはもう誰も愛さない Paris,Yesterday
04. ラジオ・キャバレー Radio Cabaret
05. 絹のシャツを着た女 Lady In A Shilken Shirt
06. Sバーン S-Bahn
07. キャフェ・ブリストル Cafe Bristol
08. ケスラー博士の忙しい週末 Doctor Kesseler's Busy Weekend
09. ソフィーのプレリュード Sophie's Prelude
10. 50年目の旋律 Fifty Years Theme
**. アラウンド・ザ・ワールド(ダブ・ヴァージョン) Around The World(Dub Version)

・ LP・CDの紹介一覧 M0129

・ MediaMarker

うたかたのオペラ
加藤和彦, 佐藤奈々子
オーマガトキ ( 2004-10-20 )
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

※ 「おすすめ度」は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

引用文加藤和彦さんが自殺=「あの素晴しい愛をもう一度」-遺書2通、軽井沢のホテル
17日午前9時25分ごろ、長野県軽井沢町のホテルの客室で、音楽プロデューサーで「ザ・フォーク・クルセダーズ」メンバーだった加藤和彦さん(62)=東京都港区=が首をつって死亡しているのが見つかった。客室には2通の遺書とみられる文書が残されており、県警軽井沢署は自殺とみている。
同署によると、加藤さんは16日に1人でホテルに宿泊。17日午前8時半ごろ、ホテルから同署に「宿泊客の様子を確認してほしい」と通報があり、署員が駆け付けたところ、浴室内で死亡している加藤さんを発見した。
-----
加藤さんは京都市生まれ。1965年、龍谷大在学中にクルセダーズを結成し、その後、サディスティック・ミカ・バンドを率いた。自ら作曲した「あの素晴しい愛をもう一度」「帰って来たヨッパライ」などがヒットした。 
2009/10/17/時事通信

・ このエントリーは「加藤和彦さん逝く」(雪うさぎのさ・え・らな日々)と「加藤和彦さん」(What's hannu ?)、「私の好きな加藤和彦さんの作品」(サブカル思い出し日記1980-2009)、「追悼!加藤和彦 「悲しくてやりきれない」」(ブリティッシュ・ロック ブログ ブリティッシュ愛)にトラックバックしました。

|

« インフルエンザの感染者に比べて死亡者が少ない理由は何なんだろう? | トップページ | カンパニュラ:定植 »

ニュース」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

LP・CDの紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/46509967

この記事へのトラックバック一覧です: うたかたのオペラ/加藤和彦:

» 加藤和彦さん [What's hannu ?]
あの加藤和彦さんが亡くなってしまった。 NIKKEI NET(日経ネット)200 [続きを読む]

受信: 2009.10.18 09:22

» 追悼!加藤和彦 「悲しくてやりきれない」 [ブリティッシュ・ロック ブログ ブリティッシュ愛]
加藤和彦さんと言えば、トミヤン世代は まず!おらは~死んじまっただ~の「帰って来たヨッパライ」(フォーク・クルセイダース) に始まり、時代を先取りした新感覚なロック・バンド サディスティック・ミカ・バンドあたりが想い起こされますが・・ ... [続きを読む]

受信: 2009.10.18 09:55

« インフルエンザの感染者に比べて死亡者が少ない理由は何なんだろう? | トップページ | カンパニュラ:定植 »