« 七夕 2009 | トップページ | プリムラ・ポリアンサにつぼみ »

2009.07.08

原油価格のベースラインはどこに落ち着くのだろう

1990年代は1バレル20ドル付近で推移していた原油価格が少しづつ上昇し始め、昨年(2008年)6月にはWTIの原油価格は130ドル台まで高騰しました。
その後、今年(2009年)2月に価格は30ドル台まで下がり、現在は60~70ドル付近を推移しています。

このような、価格の乱高下はあるものの、長期的にみれば、'90年代の水準には戻らず新しい段階に入ったと言われています。

それでは、新しい水準、ベースラインはいくらぐらいなのか、僕は興味を持っていました。

Cushing, OK WTI Spot Price FOB/EIA

先日、公表されたOECDーFAOの"Agricultural Outlook 2009-2018"にBrent原油の今後10年間の価格の予測が載っていました。
下の図は、その予測値を赤線で示しています。黒線は、IEAが公表しているBrent原油の年ごとの価格です。違った統計数値をひとつの図にしてあるので、適切でないかもしれませんが、だいたいの傾向はわかると思います。

OECDーFAOの予測では、これから10年間、1バレル60ドルから70ドルの範囲で緩やかに上昇していくって感じです。

原油価格20ドルで経済が成り立っていた10年前とは様変わりです。正に今の混乱の一端がこんなところからもわかるんですね。

Brent原油の年別価格の推移と予測/EIA,OECD-FAO

参考資料
The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices
OECD-FAO Agricultural Outlook 2009-2018/OECD-FAO

関連エントリー
ベースライン (2008.03.09)
原油やトウモロコシのファンダメンタルな価格 (2008.08.10)

|

« 七夕 2009 | トップページ | プリムラ・ポリアンサにつぼみ »

食糧・資源・エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/45479237

この記事へのトラックバック一覧です: 原油価格のベースラインはどこに落ち着くのだろう:

« 七夕 2009 | トップページ | プリムラ・ポリアンサにつぼみ »