« 僕のよく利用する天気予報 | トップページ | パンデミックH1N1 2009に対する免疫は90歳以上? »

2009.07.15

ウォークマンって30歳なんだ

ソニーのウォークマン・シリーズは、発売以来30年経つんですね。毎日新聞に掲載されていました。

ウォークマンは、僕らに音楽の新しい聴き方を提供したんだと思います。室内にあった音楽を、小型化とヘッドホンを使うことにより屋外に手軽に持ち出すことを可能にしました。

最初にウォークマンを見た時はびっくりしたもの。カッセットテープをひと回り大きくしたコンパクトさ、そしてヘッドホンで聴く音質が意外と良かった。

それから30年、ウォークマンはCD、MD、メモリーカードなどに対応し、さらに小型化されました。ただ、一時代を築いたウォークマンだけど、アップルのアイポッドの登場で影が薄くなっちゃったものね。

下の写真は、今は使っていないけれど僕が持っているウォークマン・シリーズです。
ひとつは、ディスクマン(写真左)でCDの再生ができます。ディスクマンにFMトランスミッターをつなげて、車のFMラジオでCDを聴いていました。
もうひとつは、カセットの再生ばかりでなく録音のできるウォークマン(写真右)です。ウォークマンの右上に飛び出ている小さな立方体が専用のマイクロフォンです。再生専用のウォークマンより少し厚めで重いのは仕方のないことでしょうか。

左:Discman D-100 右:WALKMAN WM-D3
左:Discman D-100 右:WALKMAN WM-D3

引用文<ソニー>ウォークマン30歳 時代変わり劣勢…ブランド復活目指す
ソニーの携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」が、7月で発売30周年を迎えた。「いつでも、どこでも音楽が聴ける」スタイルは若者を中心に世界的に広がり、生活と文化を一変させた。しかし、21世紀のインターネット時代に入ると、01年に登場した米アップルの「iPod(アイポッド)」の人気に圧倒され、主役は交代。節目の年に、ソニーはヘッドホン一体型のウォークマンなどで反撃、ブランドの復活を目指している。【高橋昌紀】
ウォークマンの誕生はソニー創業者、故井深大氏(当時・名誉会長)が「海外出張の機内で聴けるカセットステレオを」と要望したのが始まり。技術陣は画期的な小型ヘッドホンや充電池を開発、79年7月に初代ウォークマン(当時の価格は3万3000円)の発売にこぎ着けた。
商品はシリーズ化して進化を続け、90年には手のひらサイズまでに小型化。媒体もカセットテープからCD、MDなどへと変わり、今年3月末までの累計販売台数は約3億8500万台となった。
しかし、アイポッドの発売で、ソニーの優位はもろくも崩れる。インターネットで1曲ずつ音楽を購入できる時代にマッチしたアイポッドはデザインの斬新さもあって、携帯音楽市場を席巻。調査会社GfKジャパンによると、08年の国内販売シェアはアイポッドの55.2%に対して、ウォークマンのシェアは31.3%にとどまるなど劣勢だ。
ソニーは今年6月、耳にかけるだけのヘッドホン一体型の新型機種(ソニーの通販価格は9980円)を発表。「初代ウォークマン発売時と変わらぬ最小・最軽量への挑戦を続ける」と、巻き返しを狙う。
2009/07/04/毎日新聞

|

« 僕のよく利用する天気予報 | トップページ | パンデミックH1N1 2009に対する免疫は90歳以上? »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/45545943

この記事へのトラックバック一覧です: ウォークマンって30歳なんだ:

« 僕のよく利用する天気予報 | トップページ | パンデミックH1N1 2009に対する免疫は90歳以上? »