« 伊豆急行 伊豆高原駅 | トップページ | ペチュニア:越冬させたペチュニアは開花が早いね »

2009.04.30

豚インフルエンザの警戒レベルがフェーズ5に

NHKの5時のラジオニュースを聞いていたら、WHOがパンデミック・アラートをフェーズ4(Evidence of increased human-to-human transmission)からフェーズ5(Evidence of significant human-to-human transmission)に引き上げたと報じています。パンデミックのひとつ手前ですね。

Current WHO phase of pandemic alert

豚インフルエンザA/H1N1の国別感染者数と死亡者数(2009.04.29現在)

世界的な感染の拡大を抑え込むのが難しくなってくると、後はこの豚インフルエンザA/H1N1亜型の病原性がどの程度なのか早く知りたいところです。
毎日新聞は、世界保健機関(WHO)緊急委員会委員の田代真人・国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター長の弱毒性の見解を報じています。それでも、アジア風邪(H2N2)のレベルの可能性があるということか。

それと、日本では今回のインフルエンザを「新型」と呼ぶケースが多いけど、WHOなどは”Swine Influenza"「豚」と呼んでいます。この「新型」と「豚」の混在、少し調べてみようと思います。

引用文WHOフェーズ5に引き上げ
豚インフルエンザに感染して死亡した人がメキシコにとどまらずアメリカでも確認され、世界的な大流行のおそれが差し迫っているとして、WHO=世界保健機関は新型インフルエンザの警戒レベルを、さらに1段高い「フェーズ5」に引き上げると明らかにしました。
「フェーズ5」は6段階の警戒レベルのうち、上から2番目にあたり、「ヒトからヒトへの感染が少なくとも2つの国で確認され、世界的な大流行が差し迫っている段階」とされています。
2009/04/30/NHK

引用文新型インフル:ウイルスは弱毒性 田代WHO委員
感染が広がる新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の世界的大流行(パンデミック)への警戒レベル引き上げを討議した世界保健機関(WHO)緊急委員会委員の田代真人・国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター長は28日、記者会見し、今回のウイルスは「弱毒性」との見解を示した。強毒性のH5N1型鳥インフルエンザが新型に変異した場合に比べ「それほど大きな被害は出ない」とみられ、「全く同じ対策を機械的に取るのは妥当でない」と述べた。
田代氏は毒性について「今後、遺伝子の突然変異で病原性を獲得しないという保証はない」としたうえで、遺伝子解析の「予備的データ」の結果として、現段階で「強い病原性を示唆するような遺伝子はない」と「弱毒性」との認識を示した。
被害については、現在の毒性が変わらなければ、パンデミックを起こしても、約200万人が死亡した57年の「アジア風邪くらいかもしれない」とした。数千万人規模の死者が想定される強毒性H5N1型と「全く横並びに判断していいものではない」と話した。
致死率などについては、疫学的調査が終わっていないため「実際の数字は分からない」と説明。そのうえで、メキシコで感染が疑われる患者が1000人を超える一方、同国以外は数十人規模であることから「割合からすれば(他の国で多くの)重症者が出なくても当たり前かもしれない」と述べた。
対策についてはH5N1型に比べ「健康被害や社会的影響は大きく異なる。全く同じ対策を機械的に取ることは必ずしも妥当ではない。フレキシブル(柔軟)に考えていく必要がある」と述べた。
日本の対策については「少しナーバスになり過ぎているところがあるかもしれないが、後手後手になって大きな被害が出るよりは、やり過ぎの方がいいかもしれない」とした。
また、「風邪というような判断で特別な検査に至らない状況がある」と発見の遅れに憂慮を示した。
また同氏は、新型インフルエンザウイルスは、北米型とユーラシア型の豚インフルエンザウイルスに、人と鳥のインフルエンザウイルスを加えた4種類の遺伝子が混合したものと説明。「H5N1型による大流行のリスクが減ったわけではない」と、警戒を怠ることは危険だと警告した。
2009/04/29/毎日新聞

追記 2009.04.30

パンデミック・アラートの引き上げについてのWHOの会見の内容が、WHOのサイトに掲載されていました。

引用文Swine influenza - Statement by WHO Director-General, Dr Margaret Chan 29 April 2009
Ladies and gentlemen,
Based on assessment of all available information, and following several expert consultations, I have decided to raise the current level of influenza pandemic alert from phase 4 to phase 5.
Influenza pandemics must be taken seriously precisely because of their capacity to spread rapidly to every country in the world.
On the positive side, the world is better prepared for an influenza pandemic than at any time in history.
Preparedness measures undertaken because of the threat from H5N1 avian influenza were an investment, and we are now benefitting from this investment.
For the first time in history, we can track the evolution of a pandemic in real-time.
I thank countries who are making the results of their investigations publicly available. This helps us understand the disease.
I am impressed by the work being done by affected countries as they deal with the current outbreaks.
I also want to thank the governments of the USA and Canada for their support to WHO, and to Mexico.
Let me remind you. New diseases are, by definition, poorly understood. Influenza viruses are notorious for their rapid mutation and unpredictable behaviour.
WHO and health authorities in affected countries will not have all the answers immediately, but we will get them.
WHO will be tracking the pandemic at the epidemiological, clinical, and virological levels.
The results of these ongoing assessments will be issued as public health advice, and made publicly available.
All countries should immediately activate their pandemic preparedness plans. Countries should remain on high alert for unusual outbreaks of influenza-like illness and severe pneumonia.
At this stage, effective and essential measures include heightened surveillance, early detection and treatment of cases, and infection control in all health facilities.
This change to a higher phase of alert is a signal to governments, to ministries of health and other ministries, to the pharmaceutical industry and the business community that certain actions should now be undertaken with increased urgency, and at an accelerated pace.
I have reached out to donor countries, to UNITAID, to the GAVI Alliance, the World Bank and others to mobilize resources.
I have reached out to companies manufacturing antiviral drugs to assess capacity and all options for ramping up production.
I have also reached out to influenza vaccine manufacturers that can contribute to the production of a pandemic vaccine.
The biggest question, right now, is this: how severe will the pandemic be, especially now at the start?
It is possible that the full clinical spectrum of this disease goes from mild illness to severe disease. We need to continue to monitor the evolution of the situation to get the specific information and data we need to answer this question.
From past experience, we also know that influenza may cause mild disease in affluent countries, but more severe disease, with higher mortality, in developing countries.
No matter what the situation is, the international community should treat this as a window of opportunity to ramp up preparedness and response.
Above all, this is an opportunity for global solidarity as we look for responses and solutions that benefit all countries, all of humanity. After all, it really is all of humanity that is under threat during a pandemic.
As I have said, we do not have all the answers right now, but we will get them.
Thank you.
2009/04/29/WHO

|

« 伊豆急行 伊豆高原駅 | トップページ | ペチュニア:越冬させたペチュニアは開花が早いね »

ウイルス、細菌、微生物」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/44840739

この記事へのトラックバック一覧です: 豚インフルエンザの警戒レベルがフェーズ5に:

« 伊豆急行 伊豆高原駅 | トップページ | ペチュニア:越冬させたペチュニアは開花が早いね »