« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の38件の記事

2009.04.30

ペチュニア:越冬させたペチュニアは開花が早いね

越冬させたホライゾン、4月下旬になり花数が増えて賑やかになってきました
種から育てると開花は6月がやっとだから、この時期にこれだけペチュニアが咲いているのは、少し豪華です。

ペチュニア:越冬させたペチュニアは開花が早いね

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

豚インフルエンザの警戒レベルがフェーズ5に

NHKの5時のラジオニュースを聞いていたら、WHOがパンデミック・アラートをフェーズ4(Evidence of increased human-to-human transmission)からフェーズ5(Evidence of significant human-to-human transmission)に引き上げたと報じています。パンデミックのひとつ手前ですね。

Current WHO phase of pandemic alert

豚インフルエンザA/H1N1の国別感染者数と死亡者数(2009.04.29現在)

世界的な感染の拡大を抑え込むのが難しくなってくると、後はこの豚インフルエンザA/H1N1亜型の病原性がどの程度なのか早く知りたいところです。
毎日新聞は、世界保健機関(WHO)緊急委員会委員の田代真人・国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター長の弱毒性の見解を報じています。それでも、アジア風邪(H2N2)のレベルの可能性があるということか。

それと、日本では今回のインフルエンザを「新型」と呼ぶケースが多いけど、WHOなどは”Swine Influenza"「豚」と呼んでいます。この「新型」と「豚」の混在、少し調べてみようと思います。

引用文WHOフェーズ5に引き上げ
豚インフルエンザに感染して死亡した人がメキシコにとどまらずアメリカでも確認され、世界的な大流行のおそれが差し迫っているとして、WHO=世界保健機関は新型インフルエンザの警戒レベルを、さらに1段高い「フェーズ5」に引き上げると明らかにしました。
「フェーズ5」は6段階の警戒レベルのうち、上から2番目にあたり、「ヒトからヒトへの感染が少なくとも2つの国で確認され、世界的な大流行が差し迫っている段階」とされています。
2009/04/30/NHK

引用文新型インフル:ウイルスは弱毒性 田代WHO委員
感染が広がる新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の世界的大流行(パンデミック)への警戒レベル引き上げを討議した世界保健機関(WHO)緊急委員会委員の田代真人・国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター長は28日、記者会見し、今回のウイルスは「弱毒性」との見解を示した。強毒性のH5N1型鳥インフルエンザが新型に変異した場合に比べ「それほど大きな被害は出ない」とみられ、「全く同じ対策を機械的に取るのは妥当でない」と述べた。
田代氏は毒性について「今後、遺伝子の突然変異で病原性を獲得しないという保証はない」としたうえで、遺伝子解析の「予備的データ」の結果として、現段階で「強い病原性を示唆するような遺伝子はない」と「弱毒性」との認識を示した。
被害については、現在の毒性が変わらなければ、パンデミックを起こしても、約200万人が死亡した57年の「アジア風邪くらいかもしれない」とした。数千万人規模の死者が想定される強毒性H5N1型と「全く横並びに判断していいものではない」と話した。
致死率などについては、疫学的調査が終わっていないため「実際の数字は分からない」と説明。そのうえで、メキシコで感染が疑われる患者が1000人を超える一方、同国以外は数十人規模であることから「割合からすれば(他の国で多くの)重症者が出なくても当たり前かもしれない」と述べた。
対策についてはH5N1型に比べ「健康被害や社会的影響は大きく異なる。全く同じ対策を機械的に取ることは必ずしも妥当ではない。フレキシブル(柔軟)に考えていく必要がある」と述べた。
日本の対策については「少しナーバスになり過ぎているところがあるかもしれないが、後手後手になって大きな被害が出るよりは、やり過ぎの方がいいかもしれない」とした。
また、「風邪というような判断で特別な検査に至らない状況がある」と発見の遅れに憂慮を示した。
また同氏は、新型インフルエンザウイルスは、北米型とユーラシア型の豚インフルエンザウイルスに、人と鳥のインフルエンザウイルスを加えた4種類の遺伝子が混合したものと説明。「H5N1型による大流行のリスクが減ったわけではない」と、警戒を怠ることは危険だと警告した。
2009/04/29/毎日新聞

追記 2009.04.30

パンデミック・アラートの引き上げについてのWHOの会見の内容が、WHOのサイトに掲載されていました。

引用文Swine influenza - Statement by WHO Director-General, Dr Margaret Chan 29 April 2009
Ladies and gentlemen,
Based on assessment of all available information, and following several expert consultations, I have decided to raise the current level of influenza pandemic alert from phase 4 to phase 5.
Influenza pandemics must be taken seriously precisely because of their capacity to spread rapidly to every country in the world.
On the positive side, the world is better prepared for an influenza pandemic than at any time in history.
Preparedness measures undertaken because of the threat from H5N1 avian influenza were an investment, and we are now benefitting from this investment.
For the first time in history, we can track the evolution of a pandemic in real-time.
I thank countries who are making the results of their investigations publicly available. This helps us understand the disease.
I am impressed by the work being done by affected countries as they deal with the current outbreaks.
I also want to thank the governments of the USA and Canada for their support to WHO, and to Mexico.
Let me remind you. New diseases are, by definition, poorly understood. Influenza viruses are notorious for their rapid mutation and unpredictable behaviour.
WHO and health authorities in affected countries will not have all the answers immediately, but we will get them.
WHO will be tracking the pandemic at the epidemiological, clinical, and virological levels.
The results of these ongoing assessments will be issued as public health advice, and made publicly available.
All countries should immediately activate their pandemic preparedness plans. Countries should remain on high alert for unusual outbreaks of influenza-like illness and severe pneumonia.
At this stage, effective and essential measures include heightened surveillance, early detection and treatment of cases, and infection control in all health facilities.
This change to a higher phase of alert is a signal to governments, to ministries of health and other ministries, to the pharmaceutical industry and the business community that certain actions should now be undertaken with increased urgency, and at an accelerated pace.
I have reached out to donor countries, to UNITAID, to the GAVI Alliance, the World Bank and others to mobilize resources.
I have reached out to companies manufacturing antiviral drugs to assess capacity and all options for ramping up production.
I have also reached out to influenza vaccine manufacturers that can contribute to the production of a pandemic vaccine.
The biggest question, right now, is this: how severe will the pandemic be, especially now at the start?
It is possible that the full clinical spectrum of this disease goes from mild illness to severe disease. We need to continue to monitor the evolution of the situation to get the specific information and data we need to answer this question.
From past experience, we also know that influenza may cause mild disease in affluent countries, but more severe disease, with higher mortality, in developing countries.
No matter what the situation is, the international community should treat this as a window of opportunity to ramp up preparedness and response.
Above all, this is an opportunity for global solidarity as we look for responses and solutions that benefit all countries, all of humanity. After all, it really is all of humanity that is under threat during a pandemic.
As I have said, we do not have all the answers right now, but we will get them.
Thank you.
2009/04/29/WHO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.29

伊豆急行 伊豆高原駅

伊豆急行 伊豆高原駅 1番ホーム(伊豆急行線)

伊豆急行 伊豆高原駅 1番ホーム(伊豆急行線)

・ Google Map 伊豆高原駅 伊豆急行 S085 一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefox が 3.0.10 にマイナーバージョンアップ

Firefox が、 3.0.10 になったとMozilla Japan から、アナウンスされています。

バージョンアップの内容は、 1 件のセキュリティと安定性に関わる重大な問題の修正です。

Firefox3.0.10

Firefox 3 無料ダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.28

豚インフルエンザから新型インフルエンザへ

NHKラジオを聞いていたら、WHOがパンデミック・アラートをフェーズ3(No or very limited human-to-human transmission)からフェーズ4(Evidence of increased human-to-human transmission)に引き上げたと報じています。

豚のインフルエンザA/H1N1亜型が、人のインフルエンザに変異して新型インフルエンザが出現したということですね。
「メキシコ風邪」とか、名前がつくのだろうか?

関連エントリー:メキシコや米国で発生している豚インフルエンザは新型インフルエンザになるのかなあ? (2009.04.27)

引用文警戒レベル フェーズ4に
メキシコやアメリカなどで豚インフルエンザのヒトへの感染が相次いでいることについて、WHO=世界保健機関の当局者はNHKに対し、新型インフルエンザの警戒レベルをこれまでより1段高い「フェーズ4」に引き上げると明らかにしました。「フェーズ4」は、ヒトからヒトへの集団感染が地域レベルで起き、大流行の危険性が高まってるものの、必ずしも世界的な大流行が起きることを意味するものではないとされています。
2009/04/28/NHK

追記 2009.04.28

この件についてのWHOのアナウンスが、WHOのサイトに掲載されていました。

引用文Swine influenza
The Emergency Committee, established in compliance with the International Health Regulations (2005), held its second meeting on 27 April 2009.
The Committee considered available data on confirmed outbreaks of A/H1N1 swine influenza in the United States of America, Mexico, and Canada. The Committee also considered reports of possible spread to additional countries.
On the advice of the Committee, the WHO Director-General decided on the following.
The Director-General has raised the level of influenza pandemic alert from the current phase 3 to phase 4.
The change to a higher phase of pandemic alert indicates that the likelihood of a pandemic has increased, but not that a pandemic is inevitable.
As further information becomes available, WHO may decide to either revert to phase 3 or raise the level of alert to another phase.
This decision was based primarily on epidemiological data demonstrating human-to-human transmission and the ability of the virus to cause community-level outbreaks.
Given the widespread presence of the virus, the Director-General considered that containment of the outbreak is not feasible. The current focus should be on mitigation measures.
The Director-General recommended not to close borders and not to restrict international travel. It was considered prudent for people who are ill to delay international travel and for people developing symptoms following international travel to seek medical attention.
The Director-General considered that production of seasonal influenza vaccine should continue at this time, subject to re-evaluation as the situation evolves. WHO will facilitate the process needed to develop a vaccine effective against A/H1N1 virus.
The Director-General stressed that all measures should conform with the purpose and scope of the International Health Regulations.
2009/04/27/WHO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デンドロビューム:レッドスターのつぼみがふくらむ

高芽から採って4年目をむかえるレッドスターのつぼみがふくらんできました。
去年より少しつぼみのふくらむ時期が早いように思います。

関連エントリー:デンドロビューム:つぼみがふくらんできました (2008.04.26)

今年は若干の数の花を楽しめそうです。

デンドロビューム:レッドスターのつぼみがふくらむ

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.27

雨上がりの夕方、東の空に虹が出ていました。

虹 富士市
富士市(携帯電話のカメラで撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

メキシコや米国で発生している豚インフルエンザは新型インフルエンザになるのかなあ?

豚インフルエンザA/H1N1亜型の感染がメキシコを中心に、米国、カナダと拡大していますね。時事通信が報じていました。

まだ、WHOのパンデミック・アラートのフェーズは3で、人から人への感染はないか極めて限定的(No or very limited human-to-human transmission)だけど、最初の人への感染は豚からだったとしても、人から人のフェーズ4、人から人への感染の証拠が増加(Evidence of increased human-to-human transmission)に警戒レベルが上がってもおかしくないのかなと、今回の感染の広がり方の報道を見聞きしていると感じます。
人から人への感染が確実なものとなれば、豚のインフルエンザではなくて人のインフルエンザ、新型インフルエンザの出現ということになるのかな。

今まで出現した新型インフルエンザ、H1N1がスペイン風邪やソ連風邪、H2N2がアジア風邪、H3N2が香港風邪と呼ばれているように、今回のH1N1が新型インフルエンザとなれば「メキシコ風邪」とか呼ばれるのだろうか?

まあ、今回の豚インフルエンザH1N1が、人にどのくらいの感染力を持つのか、病原性はどの程度か、どこから感染が広がったのかなど、そんなに時間がかからずわかってくるものだと思うけれど。

関連エントリー:米国とメキシコで人に豚インフルエンザが発生? (2009.04.25)

参考:Swine influenza frequently asked questions/WHO (PDF 40KB)

引用文米、豚インフルで緊急事態宣言=メキシコの死者、103人に-カナダでも6人感染
米政府は26日、豚インフルエンザの感染拡大を受け、公衆衛生に関する緊急事態を宣言した。最も深刻なメキシコでは、豚インフルエンザ感染が疑われる死者が103人に増加した。一方、カナダ保健当局は同日、6人が豚インフルエンザに感染したことを確認、感染者が出たのはメキシコ、米国と合わせ3カ国となった。
緊急事態宣言に先立ち、記者会見したブレナン米大統領補佐官(国土安全保障担当)は、「オバマ大統領は事態を非常に懸念している」と述べた。
同補佐官はまた、大統領が感染拡大の防止に向け、関係機関に積極的かつ調整された対策を取るよう指示したことを明らかにした。大統領はさらに、豚インフルエンザで大きな被害が出ているメキシコ政府に全面的な支援を行う考えを表明したという。
米疾病対策センター(CDC)のリチャード・ベッサー所長代行によると、これまでにカリフォルニア、テキサス、オハイオ、カンザス、ニューヨークの5州で20人の感染が確認されたが、症状は軽く、入院に至ったのは1人だけだった。同所長代行は、感染がさらに拡大し、病状も深刻化する可能性があると警告した。CDCの別の高官は、今後の調査の中で死者が確認される可能性もあると述べた。
緊急事態の宣言により、連邦政府が州、地方自治体の関係機関を統括し、感染拡大防止策を取ることが可能になる。 
備蓄されている5000万人分のインフルエンザ治療薬タミフル、リレンザの25%を豚インフルエンザ対策に活用するほか、感染が確認された場合の学校閉鎖や感染地からの入国者への健康状態チェック、感染が疑われる入国者の隔離などの対策を実施する。
2009/04/27/時事通信

引用文Swine flu illness in the United States and Mexico - update 2
26 April 2009 -- As of 26 April 2009, the United States Government has reported 20 laboratory confirmed human cases of swine influenza A/H1N1 (8 in New York, 7 in California, 2 in Texas, 2 in Kansas and 1 in Ohio). All 20 cases have had mild Influenza-Like Illness with only one requiring brief hospitalization. No deaths have been reported. All 20 viruses have the same genetic pattern based on preliminary testing. The virus is being described as a new subtype of A/H1N1 not previously detected in swine or humans.
Also as of 26 April, the Government of Mexico has reported 18 laboratory confirmed cases of swine influenza A/H1N1. Investigation is continuing to clarify the spread and severity of the disease in Mexico. Suspect clinical cases have been reported in 19 of the country's 32 states.
WHO and the Global Alert and Response Network (GOARN) are sending experts to Mexico to work with health authorities. WHO and its partners are actively investigating reports of suspect cases in other Member States as they occur, and are supporting field epidemiology activities, laboratory diagnosis and clinical management.
On Saturday, 25 April, upon the advice of the Emergency Committee called under the rules of the International Health Regulations, the Director-General declared this event a Public Health Emergency of International Concern.
WHO is not recommending any travel or trade restrictions.
2009/04/26/WHO

----------
PDF形式のファイルの閲覧には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、下のバナーのリンク先からダウンロードしてください。

get_adobe_reader

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラナンキュラス:開花最盛期

シューアンが開花最盛期をむかえました。最盛期の期間は、短そうです。

ラナンキュラス:開花最盛期

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.26

Internet Explorer 8 でメニューバーが黒くなる不具合が再び発生

Internet Explorer 8β2 で発生していた、メニューバーが黒くなる不具合、Release Candidate 1(RC1)の時は発生しなくなっていたのだけど、今日、IE 8 製品版を起動したら同じ現象がでました。

Internet Explorer 8 でメニューバーが黒くなる不具合

何が原因なんだろうね。

関連エントリー
Internet Explorer 8β2 でメニューバーが黒くなる不具合 (2008.09.07)
Internet Explorer 8 でメニューバーが黒くなる不具合 その後 (2009.06.26)
Internet Explorer 8 でメニューバーが黒くなる不具合を解消するもうひとつの方法 (2010.05.03)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

ガーベラ:発芽が終了しました

フェスティバルは、は種後約2週間で発芽が終わりました。
12ポットに1粒づつ播いて、10ポットで発芽したので、発芽率は、83%です。

ガーベラ:発芽が終了しました

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.25

米国とメキシコで人に豚インフルエンザが発生?

WHOが、米国とメキシコでインフルエンザに似た病気が人で発生し、一部から豚インフルエンザA/H1N1亜型確認されたと報じています。

これは、豚インフルエンザH1N1が人に感染しやすく変異しているということだろうか。新型インフルエンザへ変異する可能性として、鳥インフルエンザH5N1がクローズアップされているけれど、いろいろなケースが考えられるんですね。

現在、WHOのパンデミック・アラートは人から人への感染が無いか極めて限定的なフェーズ3ですが、今回のケースでフェーズがランクアップするのだろうか?

パンデミック・アラートのフェーズ/WHO

ウイルスの病原性がどの程度かわからないけれど、現状では、タミフルやリレンザのオセルタミビル(Oseltamivir)が、このウイルスに対し効くようだから、救いですね。

このウイルスの人から人への感染の有無、感染経路、病原性など、今後の推移に注意したいと思います。

引用文Influenza-Like Illness in the United States and Mexico
24 April 2009 -- The United States Government has reported seven confirmed human cases of Swine Influenza A/H1N1 in the USA (five in California and two in Texas) and nine suspect cases. All seven confirmed cases had mild Influenza-Like Illness (ILI), with only one requiring brief hospitalization. No deaths have been reported.
The Government of Mexico has reported three separate events. In the Federal District of Mexico, surveillance began picking up cases of ILI starting 18 March. The number of cases has risen steadily through April and as of 23 April there are now more than 854 cases of pneumonia from the capital. Of those, 59 have died. In San Luis Potosi, in central Mexico, 24 cases of ILI, with three deaths, have been reported. And from Mexicali, near the border with the United States, four cases of ILI, with no deaths, have been reported.
Of the Mexican cases, 18 have been laboratory confirmed in Canada as Swine Influenza A/H1N1, while 12 of those are genetically identical to the Swine Influenza A/H1N1 viruses from California.
The majority of these cases have occurred in otherwise healthy young adults. Influenza normally affects the very young and the very old, but these age groups have not been heavily affected in Mexico.
Because there are human cases associated with an animal influenza virus, and because of the geographical spread of multiple community outbreaks, plus the somewhat unusual age groups affected, these events are of high concern.
The Swine Influenza A/H1N1 viruses characterized in this outbreak have not been previously detected in pigs or humans. The viruses so far characterized have been sensitive to oseltamivir, but resistant to both amantadine and rimantadine.
The World Health Organization has been in constant contact with the health authorities in the United States, Mexico and Canada in order to better understand the risk which these ILI events pose. WHO (and PAHO) is sending missions of experts to Mexico to work with health authorities there. It is helping its Member States to increase field epidemiology activities, laboratory diagnosis and clinical management. Moreover, WHO's partners in the Global Alert and Response Network have been alerted and are ready to assist as requested by the Member States.
WHO acknowledges the United States and Mexico for their proactive reporting and their collaboration with WHO and will continue to work with Member States to further characterize the outbreak.
2009/04/24/WHO

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プリムラ・ポリアンサ:発芽が終わりました

ハーレクインは、は種後約1ヶ月で発芽が終わり、早い株は本葉を2枚展開しています。
22ポットに1粒づつ播いて、19ポットで発芽したので、発芽率は、86%です。

プリムラ・ポリアンサ:発芽が終わりました

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.24

エーデルワイスにアブラムシが寄生した

エーデルワイスは、葉を展開しだいぶ株らしくなってきました。
そして、葉にアブラムシが寄生を始めました。種類はわかりませんが、体長約1mm、体色が赤みががかったアブラムシです。

エーデルワイスの葉に寄生するアブラムシ

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.23

Firefox が 3.0.9 にマイナーバージョンアップ

Firefox が、 3.0.9 になったとMozilla Japan から、アナウンスされています。

バージョンアップの内容は、セキュリティと安定性に関わる問題の修正です。

Firefox3.0.9

Firefox 3 無料ダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地図の裏に書かれた宮沢賢治の詩の草稿

宮沢賢治の詩の草稿が新たに見つかったと、少し前の読売新聞が報じていました。この草稿をもとにした詩は確認されていないとのこと。

この草稿は、鉛筆で地図の裏に書かれていたそうです。どういった状況で書かれたのかはわかりませんが、賢治らしいというかロマンティックだなあと感じました。

筑摩書房の編集者のいうように、車窓から景色を眺めていて、ふと詩が頭に浮かび、持っていた地図の裏側に鉛筆で書き留めたとしたら素敵ですね。

引用文賢治の未発表詩草稿見つかる…生家の蔵で地図裏に鉛筆書き
「銀河鉄道の夜」などで知られる詩人で作家の宮沢賢治(1896~1933年)の未発表の詩の草稿が、岩手県花巻市にある生家の蔵から見つかっていたことが8日わかった。
草稿には、県南部の景勝地の風景も織り込まれ、賢治が花巻農学校の教壇に立っていた1925年前後に書かれたものとみられる。賢治研究にとって貴重な発見となりそうだ。
草稿は、昨年4月に花巻市豊沢町にある賢治の生家の蔵を解体する時に見つかった。はりの上に置いてあった大正時代初めの地図の裏に、鉛筆で書かれていた。年月の経過で紙は赤茶けているが、独特の筆跡などから、研究者によって賢治の作品であると確認された。
3月に筑摩書房から刊行された「新校本 宮沢賢治全集」別巻に収録されている。
草稿は、「停車場の向ふに河原があって」から始まり、目の前の風景がスケッチ風に描かれている。水の流れと自動車の流れ、自然と人工物の対比が賢治の目を引いたと思われる。中には、「げい美の巨きな岩」という表現があり、一関市にある猊鼻渓か厳美渓の風景を描いたものとみられる。
筑摩書房の編集担当者は「車窓から見て、たまたま持参していた地図の裏に書き留めたのだろう。文体や作風に加え、賢治が元気で旅行をしていることなどから、詩集『春と修羅』を出版した後、花巻農学校で教壇に立っていた1925年から数年の間に書かれたのではないか」とみる。
しかし、この草稿をもとに完成させた詩は見つかっていないため、「地図の裏に書いていたこともあり、書いた本人も忘れてしまったのではないか」と推測する。
新発見の草稿について、宮沢賢治記念館(花巻市)の牛崎敏哉副館長は「書簡が新たに見つかることはあるが、詩の草稿は久々の発見」と驚く。「草稿の中に地名は出てくるが、賢治がどこから見たのか、紙の下に書かれている英語のメモ書きはどういう意味があるのか、未解明な部分も多い。賢治作品は、校正や書き換えなど下書きから最終稿までの経過を通して研究されることが多いだけに、新たな草稿は今後の研究に貴重だ」と話している。
◆見つかった詩の草稿全文◆
停車場の向ふに河原があって
水がちよろちよろ流れてゐると
わたしもおもひきみも云ふ
ところがどうだあの水なのだ
上流でげい美の巨きな岩を
碑のやうにめぐったり
滝にかかって佐藤猊岩先生を
幾たびあったがせたりする水が
停車場の前にがたびしの自働車が三台も居て
運転手たちは日に照らされて
ものぐささうにしてゐるのだが
ところがどうだあの自働車が
ここから横沢へかけて
傾配つきの九十度近いカーブも切り
径一尺の赤い巨礫の道路も飛ぶ
そのすさまじい自働車なのだ
2009/04/09/読売新聞

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.04.22

株によって若干、花の色が違うラナンキュラス

同じオレンジシェードでも、株によって花の色が若干違います。
写真の花のようにオレンジ色をしているものもあれば、赤みの強い花もあります。また、花の形も違っています。

ラナンキュラス オレンジシェードのオレンジ色の花
・ ラナンキュラス オレンジシェードのオレンジ色の花

ラナンキュラス オレンジシェードの赤みがかった花
・ ラナンキュラス オレンジシェードの赤みがかった花

関連エントリー:同じ品種でもいろいろな形の花が咲くラナンキュラス (2009.04.12)

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.21

タミフルと異常行動の因果関係は否定できない(厚労省研究班)

インフルンザ治療薬タミフルと異常行動の因果関係について、厚生労働省の研究班が調査を進めていましたが、その最終報告があったとのことです。読売新聞が報じていました。

新聞記事によると、これまでは、タミフルと異常行動の因果関係にどちらかといえば否定的だったものが、最終報告では因果関係を否定できないとし、10歳以上の子どもについて、死亡や怪我に結びつく深刻な異常行動のリスクは、服用しない場合の1.54倍高いとしています。
また、軽症のものを含めた異常行動の全体のリスクは0.62倍と逆に低くなっています。
同じデーターでも、その切り出し方によって変わるもんですね。

まあ、薬は副作用はつきものだから、タミフルを服用することとによるインフルエンザの症状に対する効果と及ぼす副作用のリスクを天秤にかけての判断になるのだろうけど。

関連エントリー:インフルエンザと異常行動 (2007.12.26)

ところで、タミフルをはじめとする治療薬の必要性は、病原性の強い新型インフルエンザがパンでミックした時にあるんだと思います。
今、鳥インフルエンザA/H5N1亜型が、新型インフルエンザへの変異の可能性のあるものとしてあげられています。
H5N1は限定的にヒトに感染し、下表のようにその致死率は61%と高いものになっています。ただ、国によって致死率に大きな差があります。この差にタミフルなどのインフルエンザ治療薬の服用の有無が関係しているのだろうか。興味のあるところです。

鳥インフルエンザA/H5N1亜型の国別患者数と死亡者数

引用文タミフルと異常行動「因果関係否定できぬ」…厚労省研究班
インフルエンザ治療薬タミフルを服薬した10歳以上の子どもは、服薬しなかった子どもに比べ、飛び降りなどの深刻な異常行動をとるリスクが1.54倍高いという分析結果が18日、厚生労働省研究班(班長=広田良夫・大阪市大教授)の最終報告書で明らかになった。
「タミフルとの因果関係は否定できず、深刻な異常行動に絞った新たな研究を実施すべきだ」と指摘しており、現在は原則中止している10歳代への使用再開は難しくなってきた。
最終報告書は近く、厚労省薬事・食品衛生審議会安全対策調査会に報告される。別の検証作業では、「関連は見つからなかった」とする結論が出されており、同調査会では10歳代への使用をいつ再開するかが最大の焦点だった。
研究は、2006年度からインフルエンザと診断された18歳未満の患者約1万人を集め、解析した。このうち、急に走り出すなどして死亡やけがに結びついた深刻な異常行動に限定して調べたところ、服薬した場合、リスクが1.25倍高くなった。特に注意喚起の対象となっている10歳以上の場合、リスクは1.54倍になった。
一方、うわごとを言うなど軽症のものも含めた異常行動を起こす全体のリスクは、飲まなかった場合に比べて0.62倍と低かった。
2009/04/19/読売新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.20

ガザニアが再び賑やかになってきた

タイガーは、4月になり花がしっかりと咲き始めました。花の直径は9cmほどあります。

ガザニアが再び賑やかになってきた

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.19

ガーベラ:子葉展開

フェスティバルは、は種後、約1週間で発芽し子葉を展開し始めました。
子葉は2枚で1cm程の大きさです。

ガーベラ:子葉展開

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.18

東京地下鉄(東京メトロ) 淡路町駅

東京地下鉄(東京メトロ) 淡路町駅 1番ホーム(丸の内線)

東京地下鉄(東京メトロ) 淡路町駅 1番ホーム(丸の内線)

・ Google Map 淡路町駅 東京地下鉄 S084 一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.17

春になり再び咲き始めたペチュニア

1月中旬から4月にかけて、いったん開花が中断したホライゾンですが、4月中旬になり再び開花を始めました。
2年目にどこまで花が咲くか楽しみです。

春になり再び咲き始めたペチュニア

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.16

四畳半神話大系/森見登美彦

以前、このブログで紹介した「夜は短し歩けよ乙女」や「有頂天家族」でも、今回紹介する「四畳半神話大系」でも感じたことですが、森見登美彦の作品は、独特の文体といい、登場人物の怪しさといい、好き嫌いがわかれるんだろうなあと思います。

「四畳半神話大系」は、大学3年生の主人公が1年生の時に、映画サークル「みそぎ」、「弟子求ム」という奇想天外なビラ、ソフトボールサークル「ほんわか」、そして秘密結社<福猫飯店>のひとつを選択することによって、一話の物語が進みます。
登場人物は、どの物語も設定は違うもののほぼ同じで、どの選択をしても主人公の求める「薔薇色のキャンパスライフ」とはほど遠い、奇想天外で切なくも哀れな物語が語られます。

どんな選択をしても過程や結末はそれほど変わらないという深い意味があるのかないのか、それはさておき、主人公の青年に同情してしまいました。

本四畳半神話大系
第一話 四畳半恋ノ邪魔者
第二話 四畳半自虐的代理代理戦争
第三話 四畳半の甘い生活
最終章 八十日間四畳半一周
森見登美彦/角川書店(角川文庫)/2005

書籍の紹介一覧 B0090

・ MediaMarker

四畳半神話大系
森見 登美彦
角川書店 ( 2008-03-25 )
ISBN: 9784043878017
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

※ 「おすすめ度」は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.15

プリムラ・ポリアンサ:本葉を展開し始めた

ハーレクインの生育の早い株は、は種後3週間で本葉を1枚展開し始めました。
生育はこれまでは非常にゆっくりです。

プリムラ・ポリアンサ:本葉を展開し始めた

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.14

ひとつの株でも花の形が違うラナンキュラス

2009.04.12のエントリーで、ラナンキュラスは同じ品種でも咲く花の形が違うことを書きました。
ラナンキュラスは、同じ株でも咲く花の形が違います。右の写真はシングル咲き(左の花)とカップ咲き(右の花)が、ひとつの株に混在しています。

ひとつの株でも花の形が違うラナンキュラス

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.13

ガーベラの種を播きました

昨日、ガーベラのタネを播きました。品種は「フェスティバル」です。

タネは細長く、長いほうで約7mmあるため、播くのは楽です。タネは、タネまき土ポット「ジフィーセブン」に播きました。
これから、生長の様子を随時、本ブログにアップします。

ガーベラの種子

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.12

同じ品種でもいろいろな形の花が咲くラナンキュラス

ラナンキュラス「シューアン」が次々と開花を始めました。

シューアンは、株によって咲く花の形が違っています。カップ咲きの花があったり、シングル先の花があったりします。
一番上の写真は、オレンジシェードのシングル先の花、二番目の写真はイエローシェードのシングル咲きの花です。
シングル咲きの花は、直径約10cmです。
また、カップ咲きとシングル咲きの中間の花もあります。
3番目の写真は、イエローシェードのシングル咲きとカップ咲きの中間のような花です。また、一番下の写真はイエローシェードのカップ咲きの花です。

このように株によって花の形が違うところをみると、品種が完全に固定されていないのでしょうか?

オレンジシェード シングル咲きの花
・ オレンジシェード シングル咲きの花

イエローシェード シングル咲きの花
・ イエローシェード シングル咲きの花

イエローシェード シングル咲きとカップ咲きの中間の花
・ イエローシェード シングル咲きとカップ咲きの中間の花

イエローシェード カップ咲きの花
・ イエローシェード カップ咲きの花

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.11

今日のレギュラーガソリンの価格は114円

いつも給油しているセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格はリッター当たり114円で、3月15日に給油した時より2円上がっていました。今年に入って少しずつレギュラーガソリンの価格が上がっています。

静岡のあるガソリンスタンドの2009.04.11のレギュラーガソリンの表示価格

参考エントリー:レギュラーガソリンの価格が少し上がって112円 (2009.03.15)

静岡のあるガソリンスタンドのレギュラーガソリンの表示価格

WTIの原油価格は、少しずつ上昇していて、このところ1バレルあたり40ドル台後半から50ドル台前半を推移しています。

WTI原油先物価格の推移
参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.10

ラナンキュラス:開花

植付158日目でシューアンのイエローシェードの最初の花が開花しました。
直径約5cmでややオレンジがかった黄色の花です。つぼみがたくさんあるので、これから次々と開花すると思います。

ラナンキュラス:開花

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.09

葵区のナンバープレート

静岡市が政令市になって区が設置され、原動機付自転車のナンバープレートも区単位になりました。

最近、原付バイクを買い換えて、僕のナンバープレートも遅ればせながら「静岡市」から「静岡市葵区」に変わりました。

原動機付自転車「静岡市」のナンバープレート

原動機付自転車「静岡市」のナンバープレート

よくよく見ると、ナンバープレートの型や、4桁の数字の2桁と3桁の間にハイフンが入るなど変わっているんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.08

プレパンデミックワクチンの臨床研究

新型インフルエンザ対策のひとつとしとして進められている厚生労働省研究班のプレパンデミックワクチンの臨床研究の結果を時事通信が報じていました。

間隔をあけて接種すると抗体を作るスピードや量が高まったり、2種類のワクチンを接種すると3種類のウイルスに効果があったりと、有用な結果が得られているようです。

関連エントリー:>プレパンデミックワクチンの副作用 (2009.01.21)

引用文ワクチン追加接種で効果=新型インフル、免疫機能拡大-厚労省研究班
新型インフルエンザの大流行に備え、「プレパンデミックワクチン」の臨床研究を進めている厚生労働省研究班(班長・庵原俊昭国立病院機構三重病院院長)は6日、間隔を空けて2種類のワクチンを接種したところ、さらに別の類似ウイルスにも効果を示したとの調査結果を発表した。
免疫機能を高める「ブースト効果」と呼ばれる作用も確認された。厚労省は研究結果を受け、今秋までに大規模な事前接種の可否を判断する。
研究班が用いたのは、新型インフルに変異する可能性が高いH5N1型の鳥インフルエンザウイルスを基に製造したワクチン。昨年夏以降、医療関係者らに接種し、効果や影響を調べた。
その結果、1種類のワクチンを接種した場合、対応するウイルスにしか効果を得られなかったが、2種類を接種した場合には、ワクチンを接種していない3種類目に対しても抗体ができたという。
また、間隔を空けて接種(追加接種)することで、抗体をつくるスピードや量が高まることも分かった。
研究班は約6000人を対象にプレパンデミックワクチンを先行接種し、安全性や有効性を調査。深刻な副作用は確認されなかったとしている。
2009/04/06/時事通信

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.07

「Googleマップ」で地下鉄の路線図が表示できるようになった

Googleマップ」に機能が追加されて、地下鉄の路線図が表示できるようになりました。
今まで、地下鉄の路線は点線で表示され、わかることはわかるのだけど確認しづらかったから、カラーで路線図が表示される機能は便利です。
4月6日付けの ITmedia News によると、東京や大阪など地下鉄が走る国内9都市42路線601駅に対応しているそうです。
路線図は、"その他のボタン"の"路線図"にチェックを入れるか、駅のマークををクリックすると表示されます。

Googleマップ 地下鉄の路線図
・ "その他のボタン"の"路線図"にチェックして路線図を表示

Googleマップ 地下鉄の路線図
・ 駅のマークををクリックして路線図を表示

引用文「Googleマップ」に地下鉄路線図
Googleが運営する「Googleマップ」に、日本の地下鉄路線図を表示する機能がこのほど加わった。
東京、大阪など地下鉄が走る国内9都市の42路線601駅に対応した。地図上の駅名をクリックすると、クリックした駅を通る路線をカラーのラインで表示する。また画面右上にある“その他ボタン”の“路線図”にチェックを入れることでも表示され、地図を縮小表示すれば近郊の路線図が一目で分かる。路線がいくつも乗り入れるターミナル駅では、それぞれのホームの位置も再現した。
今年1月からシカゴやパリなど世界50都市の地図に地下鉄路線図を追加している。
2009/04/06/ITmedia News

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.06

ラナンキュラス:もうすぐ開花

シューアンのつぼみがふくらみ花びらが見え始めて、もうすぐ開花です。

ラナンキュラス:もうすぐ開花

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.05

アライグマに鳥インフルエンザH5N1の感染か確認された

アライグマは、ペットとして飼うには獰猛な外来生物で、最近は原則として飼うことも輸入することも「外来生物法」で禁止されています。でも、以前、飼われていたアライグマが捨てられたりして、野性化し、農作物や在来の小動物を食べたりする悪さが広がっています。

その野生のアライグマの一部が、鳥インフルエンザA/H5N1亜型に感染していたとの東大や山口大の調査結果を朝日新聞が報じていました。

H5N1は、養鶏に発生して時々問題になるけれど、その感染ルートとして渡り鳥が大陸から運んできたという説が有力です。
でも、環境省などで膨大な調査が行われていますが、下の表のように野鳥等の野生動物からH5N1は、あまり見つかっていません。

国内の野鳥等における鳥インフルエンザA/H5N1亜型ウイルス感染事例
・ 参考資料:野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る都道府県鳥獣行政担当部局等の対応技術マニュアル/環境省

今回、野生のアライグマにH5N1の感染が確認されたことで、野鳥→野生動物→ニワトリという感染ルートの究明の手がかりになるかもしれませんね。

引用文鳥インフル、野生のアライグマに感染 哺乳類では国内初
国内の野生のアライグマが高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染していたことが、東京大医科学研究所と山口大の調査でわかった。野生動物の感染は、国内ではこれまで鳥類では報告されていたが、哺乳(ほにゅう)類は初めて。宇都宮市であった日本獣医学会で4日、発表した。
東京大医科研の堀本泰介准教授らは、西日本の3地域と東日本の1地域で、05年以降に捕獲されたアライグマ988匹の血液を調べた。その結果、10匹の血液から、過去にH5N1型に感染したことを示す抗体を検出した。
これらの10匹がいた3地域のうち2地域は、ニワトリや野鳥の感染が報告されていない地域だった。発症して死んだ渡り鳥などを食べて感染した可能性が考えられるという。養鶏場での発生がなくても、国内にウイルスが持ち込まれている可能性を示した。
堀本さんは「感染率が1%と低く、アライグマ間での感染拡大は考えにくいが、養鶏場への感染源になる恐れはある。ウイルスの侵入防止策を再確認すべきだ」と話す。
国内の野生動物のH5N1型感染は、ハシブトガラス、クマタカ、オオハクチョウの鳥類3種で確認されていた。アライグマは北米原産で、ペットとして輸入され、野生化した。雑食で繁殖力が強く、国の特定外来生物に指定され、駆除が行われている。
大槻公一・京都産業大教授(獣医微生物学)は「海外ではネコ科などの哺乳類の感染が報告されており、国内で見つかっても不思議ではない。野生動物はほかの病原体をもっていることも多く、むやみに接触しないことが大事だ」と指摘する。
2009/04/05/朝日新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.04

JR東海 富士宮駅

JR東海 富士宮駅 2-3番ホーム(身延線)

JR東海 富士宮駅 2-3番ホーム(身延線)

・ Google Map 富士宮駅 JR東海 S083 一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.03

プリムラ・ポリアンサ:子葉展開

ハーレクインの早いものは播種後約10日で子葉を展開し始めました。
2枚合わせても3mm程度の小さな子葉です。無事、大きくなってくれるといいのですが。

プリムラ・ポリアンサ:子葉展開

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.02

Internet Explorer 8 の製品版がリリースされた

Internet Explorer 8 が Release Candidate 1(製品候補版)から製品版に、バージョンアップされたので、インストールしました。
インストールの手順や時間は、RC1と変わっていません。

Internet Explorer 8 ダウンロード/マイクロソフト

Internet Explorer 8

当然と言えば当然なんですが、Release Candidate 1 とほとんど同じです。
また、製品版になっても Norton Internet Security が警告を出します。ただ、これは IE8 の問題というより Norton Internet Security との相性なのかもしれません。

関連エントリー
Internet Explorer 8 が β2 から Release Candidate 1 にパージョンアップ (2009.01.27)
Internet Explorer 8 Release Candidate 1 で、ブラウズすると Norton Internet Security が警告を出します (2009.02.10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.01

デンドロビューム:花芽が目立ってきた

レッドスターの花芽が生長し、だいぶ大きくなってきました。でも、まだ、開花まで相当の日数がかかりそうですが。

デンドロビューム:花芽が目立ってきた

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »