« レギュラーガソリンの価格が110円程度に落ち着いている | トップページ | クリスマスローズ:満開 2009 »

2009.03.01

愛知・豊橋でウズラに感染した鳥インフルエンザはH7N6亜型だった

2月27日に愛知県豊橋市のウズラで感染が確認された鳥インフルエンザ、そのときはH7までしかわかっていなかったけれど、Nは6でH7N6亜型であると農林水産省が発表しています。

農林水産省の資料を見ると、家きんでのH7N6の感染の確認は、最近はないんですね。

関連エントリ:愛知・豊橋のウズラで鳥インフルエンザH7亜型が確認された (2009.02.27)

家きんの高病原性鳥インフルエンザH7亜型の発生状況(2009.02.10現在)
・資料:家きんの高病原性鳥インフルエンザの発生状況/農林水産省 PDF 241KB

このウイルスは、どこからやってきたのでしょうね?

引用文愛知県において分離された高病原性鳥インフルエンザウイルス(弱毒タイプ)について
・ 愛知県において分離(2月27日)されたウイルスについて、(独)農研機構動物衛生研究所において、性状の検査を行っていたところ、N6亜型であることが確認されました。・ この結果、本ウイルスは、H7N6亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルス(弱毒タイプ)と確定しました。
2009/03/01/農林水産省プレスリリース

引用文H7N6型と判明 愛知の鳥インフル 農水省が感染経路調査
愛知県豊橋市のウズラ農場で鳥インフルエンザが発生した問題で、農林水産省は1日、インフルエンザ・ウイルスは弱毒タイプのH7N6型と発表した。H7N6型は2004年以降にモンゴルなどで発生しており、農水省は今後、関連を調べるなどして詳しい感染経路を調べる。
同省によると、2月27日に弱毒タイプのH7型と判明したウイルスを、動物衛生研究所で検査した結果、H7N6型と判明した。
H7にはN1~9型の9種類があり、性質に大きな違いはないが、型を特定すると、感染経路の推測が可能になる。農水省が把握する限りでは、家禽では1981年にオーストラリアで発生したのが最後。野鳥では2004~07年の調査で、モンゴルやスロヴァキアでの発生が報告されている。ただ、今回のウイルスとの関連は不明。今後、同省の審議会疫学調査チームが、感染経路を調べる。
2009/03/01/産経新聞

----------
PDF形式のファイルの閲覧には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、下のバナーのリンク先からダウンロードしてください。

get_adobe_reader

|

« レギュラーガソリンの価格が110円程度に落ち着いている | トップページ | クリスマスローズ:満開 2009 »

ウイルス、細菌、微生物」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/44211578

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知・豊橋でウズラに感染した鳥インフルエンザはH7N6亜型だった:

« レギュラーガソリンの価格が110円程度に落ち着いている | トップページ | クリスマスローズ:満開 2009 »