« 首都圏新都市鉄道 つくば駅 | トップページ | フィッシュストーリー/伊坂幸太郎 »

2009.02.12

久し振りに手動でドアを開閉する車両に乗りました

先日、青梅線に乗る機会がありました。
青梅線の車両は、E233系が使われていますが、冬季に暖房した空気が逃げないように、ドアを乗客が開閉する半自動タイプなんですね。

E233系
・ E233系車両 青梅駅

手動でドアを開閉するためのボタン

ドア付近の外側と内側(上の写真の赤丸の部分)にボタンがあって、ランプが点灯している時に、ボタンを押すと、ドアを外側からは開くことが、内側からは開閉ができます。

内側の手動でドアを開閉するためのボタン 外側の手動でドアを開けるためのボタン
・ 写真左:車内の開閉ボタン 右:車外の開ボタン

随分前に、何処だったか忘れてしまったけれど、初めてこの方式に接したときは戸惑いました。降りようとドアの前で待っていても、ドアだ開かないんだもの sign02
暖かい静岡に住んでいると、自分でドアを開閉するなんて思いも寄らないものね sweat01


と思ったら、東海道本線でも、最新鋭の313系にはドアの開閉ボタンがありました。静岡付近では、このボタンが使われることはないけれど・・・

313系の手動でドアを開閉するためのボタン 内側 313系の手動でドアを開くためのボタン
・ 313系の手動でドアを開閉するための内側のボタン(写真左)
・ 313系の手動でドアを開くための外側のボタン(写真右)

|

« 首都圏新都市鉄道 つくば駅 | トップページ | フィッシュストーリー/伊坂幸太郎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/43916652

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りに手動でドアを開閉する車両に乗りました:

« 首都圏新都市鉄道 つくば駅 | トップページ | フィッシュストーリー/伊坂幸太郎 »