« 2009年1月1日8時59分60秒 ! - うるう秒 - | トップページ | Thunderbird 2.0.0.19 にマイナーバージョンアップ »

2008.12.31

交響曲第9番 「新世界より」/アントニン・ドヴォルザーク

大晦日なので交響曲9番を聴いています。と言っても、ベートーベンの9番じゃなくて、ドヴォルザークの9番

僕が初めてクラシックを聴く気になったのは、中学生の頃、たまたま聴いた、このドヴォルザークの9番がきっかけです。
当時の(今でもかな)僕にとって、クラシックは退屈以外の何ものでもない音楽でした。ただ、ドヴォルザークの9番にはどこか魅かれるものがありました。
それは、わかりやすくどこか牧歌的なメロディーのせいだったんだと思います。それでいて、スケールは大きいし。

ドヴォルザークは、新世界アメリカから故郷ボヘミアに何を思ったんだろう?ボヘミアン・ラプソディーだよね、この交響曲。

交響曲第9番 「新世界より」/アントニン・ドヴォルザーク

LP/CD交響曲第9番ホ短調 作品95 「新世界より」
アントニン・ドヴォルザーク
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
カール・ベーム(指揮)
Grammophone/1978

01. 交響曲第9番ホ短調 作品95 「新世界より」

・ LP・CDの紹介一覧 M0113

|

« 2009年1月1日8時59分60秒 ! - うるう秒 - | トップページ | Thunderbird 2.0.0.19 にマイナーバージョンアップ »

音楽」カテゴリの記事

LP・CDの紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交響曲第9番 「新世界より」/アントニン・ドヴォルザーク:

« 2009年1月1日8時59分60秒 ! - うるう秒 - | トップページ | Thunderbird 2.0.0.19 にマイナーバージョンアップ »