« ミツバ:本葉の枚数が増えてきた | トップページ | ペチュニア:開花 »

2008.06.17

Sonyのレコードプレーヤー「PS-LX300USB」て売れているのかな

Sonyのレコードプレーヤー「PS-LX300USB」が、今年の4月15日に発売されました。
このプレイヤーはPCにUSB接続ができ、LPレコードなどアナログ音源をデジタルデータに変換できます。

レコードのデジタルデータへの変換は、I・OデータのDAVOXを使っているのだけれど、これはアンプのAUX端子とPCのUSB端子をつないで、アナログからデジタルに変換するものです。
ただ、出力の調整ができないことやアンプとPCが離れていることなどで、使い勝手が余りよくありませんでした。

そこで、思い切って発売前にamazon.co.jpに予約をしました。でも、ずっと入荷待ちでしたが、とうとう、入荷の見込みがないので注文をキャンセルする旨のメールがamazonからきました。
それで、他のサイトをいくつか閲覧してみると、どこも入荷待ちの状態です。

「PS-LX300USB」てとても人気があるのだろうか?それとも製造台数が極端に少ないのだろうか?

・ 関連エントリー:レコードをデジタル録音できるプレイヤー PS-LX300USB(2008.08.16)

|

« ミツバ:本葉の枚数が増えてきた | トップページ | ペチュニア:開花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/41485116

この記事へのトラックバック一覧です: Sonyのレコードプレーヤー「PS-LX300USB」て売れているのかな:

« ミツバ:本葉の枚数が増えてきた | トップページ | ペチュニア:開花 »