« 十和田湖のハクチョウは鳥インフルエンザH5N1に感染していた | トップページ | 十和田湖の白鳥に感染したH5N1は何処から来たのだろう? »

2008.04.30

ノースポールの花を訪れる昆虫

当ブログの最近1週間(4月22日~28日)のページビューの第9位は「カツオブシムシ(2007.04.24)」、検索フレーズの第5位も「カツオブシムシ」です。こんな地味なエントリーが上位にくるなんて、やっぱりカツオブシムシの季節なのかな。

現在、花盛りのノースポール、その花に小さな昆虫がやってきています。
そのひとつが前述のカツオブシムシです。ノースポールにやってきているのは、ヒメマルカツオブシムシと思われ、体長が約2mmととても小さな昆虫です。体色は薄い茶色で、背中の白い模様が特徴です。

ヒメマルカツオブシムシの成虫
・ ヒメマルカツオブシムシの成虫

もう1種類は、ヒラタハナムグリの成虫と思われます。ヒメマルカツオブシムシより少しだけ大きく、体長は約5mm。それでも小さな昆虫です。

ヒラタハナムグリの成虫
・ ヒラタハナムグリの成虫

両方ともノースポールの花粉が目当てじゃないのかな?

関連エントリー
ノースポールの花を訪れる昆虫 その2 (2008.05.01)
ノースポールの花を訪れる昆虫 その3 (2008.05.04)

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

|

« 十和田湖のハクチョウは鳥インフルエンザH5N1に感染していた | トップページ | 十和田湖の白鳥に感染したH5N1は何処から来たのだろう? »

ガーデニング」カテゴリの記事

ガーデニング日記 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/41034094

この記事へのトラックバック一覧です: ノースポールの花を訪れる昆虫:

« 十和田湖のハクチョウは鳥インフルエンザH5N1に感染していた | トップページ | 十和田湖の白鳥に感染したH5N1は何処から来たのだろう? »