« JR東海 金谷駅 | トップページ | レギュラーガソリンの価格は128円/Lでした »

2008.04.19

食料高騰に対する朝日新聞と New York Times の視点の違いが面白い

少し前の朝日新聞と New York Times の社説で、最近の食料の価格高騰をとりあげていました。

朝日の社説では、高騰の主な原因を"市場の暴走"とし、穀物市場への投機資金の流入をあげています。

現在、シカゴ市場のとうもろこしは、1ブッシェル6ドル近い価格になっています。数年前までは、不作などで一時的な高騰はあったにしろ、2ドル台を推移していました。現在の価格は実需だけでは説明できず、投機的な要素を多分に含んでいるのでしょう。ですから、6ドルのうち投機的要素を除いた実需に基づいた価格を知りたいのですが、朝日の社説は"妖怪"と記すだけで、なんだか残念というか期待はずれです。

それに比べて New York Times の社説は、"The World Food Crisis"と衝撃的な言葉を使っていますが、高騰の原因を世界的な穀物在庫量の減少(需要の増大)としています。
そして、高騰に対し、中国やインドの経済発展により中産階級が増え穀物需要も増えるなど、コントロールできない部分もあるけれど、先進国の穀物のバイオ燃料利用の見直しなど自らができることがあるのではと説きます。
この視点は、OECD-FAOの予測やレスター・ブラウンの主張に通じるものがあるし、それが現実のものになってきたということでしょうか。

○ 関連エントリー
「食料か、燃料か、」の時代が来るのかな?(2007.07.15)
フード・セキュリティー/レスター・ブラウン(2007.06.06)

ほぼ同時期に食料高騰を取り上げた両紙の視点の違いが面白いですね。

それと記事は、両紙のウェブに掲載されていたものだけど、朝日と New York Times のウェブの考え方の違いがわかります。
朝日の社説は、1週間しか遡れないのに対し、New York Times は、過去まで遡れ、さらに読者がコメントを付けられます。
朝日は自らの社説に自身がないのかなあ。そんなことを感じました。

引用文食糧高騰―市場の暴走が飢餓を生む
地球上を妖怪が歩き回っている。食糧不足という妖怪だ――マルクス・エンゲルスの「共産党宣言」流で言えば、こうなるだろう。
世界中でコメや小麦、大豆、トウモロコシなどの値段が暴騰している。香港ではコメが売り切れ、カイロでは政府支給による格安のパンを求めて長蛇の列が続いている。
世界一、二のコメ輸出国であるタイやベトナムが相次いで輸出を規制した。カンボジアでは自国のコメが高値で外国に買い占められてしまい、国内に回らなくなった。
国連の世界食糧計画(WFP)によると、援助用食糧の価格は昨年6月から55%も上がった。必要な量を賄うことができなくなり、各国に資金の追加拠出をアピールした。ところが、この1カ月でさらに2割も上がってしまったという。「まるでツナミのような緊急事態だ」と、訪日したパウエル事務局次長は述べた。
なぜ、いま、食糧不足なのか。
確かに、オーストラリアの干ばつなど、主要農業国の不作が重なった。中国やインドといった人口大国で食生活が変わり、肉の消費と飼料の需要が急増したこともある。トウモロコシなどの穀物を、ガソリン代わりのバイオ燃料に転用し始めた影響も大きい。
だが、今回の事態を招いた要因として何より注目されるのは、投機資金が食糧市場に流れ込んでいることだ。米国の金融不安を機に金融・株式市場から引き揚げられた資金が穀物などに向かう。価格が上がり、それがまた投機資金を呼び込むという悪循環である。
その結果、食糧輸出国は売り惜しみをし、輸入国は買い占めに走る。世界の食糧生産は増えているという現実があるのに、貧しい国、貧しい人々には手が届かなくなってしまうのだ。市場の暴走というほかない。
日本の私たちも、その余波を肌身で感じさせられている。パンや即席めん、乳製品などの値上げラッシュである。だが、いちばんの被害者は最も弱い立場の人たちだ。
たとえば、紛争が続くスーダン。難民キャンプにいる200万人への食糧支援がおぼつかない。このままではさらに新たな難民が出る恐れもある。
途上国の都市の貧困層にも飢餓が広がっている。食品の値上がりで食事の回数や量を減らす世帯が急増している。アフリカなどの一部地域では、暴動が起きるほどの深刻な事態だ。
食糧の値段や供給は市場が調整するが、それが人々の生存まで脅かすことがないよう、国際的なセーフティーネットをもっと拡充する必要がある。
先進国の投機と無策が人道危機を引き起こしている。飢餓の広がりを防ぐために、日本をはじめとする先進国は緊急支援に動かねばなるまい。
2008/04/13/朝日新聞

引用文The World Food Crisis
Most Americans take food for granted. Even the poorest fifth of households in the United States spend only 16 percent of their budget on food. In many other countries, it is less of a given. Nigerian families spend 73 percent of their budgets to eat, Vietnamese 65 percent, Indonesians half. They are in trouble.
Last year, the food import bill of developing countries rose by 25 percent as food prices rose to levels not seen in a generation. Corn doubled in price over the last two years. Wheat reached its highest price in 28 years. The increases are already sparking unrest from Haiti to Egypt. Many countries have imposed price controls on food or taxes on agricultural exports.
Last week, the president of the World Bank, Robert Zoellick, warned that 33 nations are at risk of social unrest because of the rising prices of food. “For countries where food comprises from half to three-quarters of consumption, there is no margin for survival,” he said.
Prices are unlikely to drop soon. The United Nations Food and Agriculture Organization says world cereal stocks this year will be the lowest since 1982.
The United States and other developed countries need to step up to the plate. The rise in food prices is partly because of uncontrollable forces - including rising energy costs and the growth of the middle class in China and India. This has increased demand for animal protein, which requires large amounts of grain.
But the rich world is exacerbating these effects by supporting the production of biofuels. The International Monetary Fund estimates that corn ethanol production in the United States accounted for at least half the rise in world corn demand in each of the past three years. This elevated corn prices. Feed prices rose. So did prices of other crops - mainly soybeans - as farmers switched their fields to corn, according to the Agriculture Department.
Washington provides a subsidy of 51 cents a gallon to ethanol blenders and slaps a tariff of 54 cents a gallon on imports. In the European Union, most countries exempt biofuels from some gas taxes and slap an average tariff equal to more than 70 cents a gallon of imported ethanol. There are several reasons to put an end to these interventions. At best, corn ethanol delivers only a small reduction in greenhouse gases compared with gasoline. And it could make things far worse if it leads to more farming in forests and grasslands. Rising food prices provide an urgent argument to nix ethanol’s supports.
Over the long term, agricultural productivity must increase in the developing world. Mr. Zoellick suggested rich countries could help finance a “green revolution” to increase farm productivity and raise crop yields in Africa. But the rise in food prices calls for developed nations to provide more immediate assistance. Last month, the World Food Program said rising grain costs blew a hole of more than $500 million in its budget for helping millions of victims of hunger around the world.
Industrial nations are not generous, unfortunately. Overseas aid by rich countries fell 8.4 percent last year from 2006. Developed nations would have to increase their aid budgets by 35 percent over the next three years just to meet the commitments they made in 2005.
They must not let this target slip. Continued growth of the middle class in China and India, the push for renewable fuels and anticipated damage to agricultural production caused by global warming mean that food prices are likely to stay high. Millions of people, mainly in developing countries, could need aid to avoid malnutrition. Rich countries’ energy policies helped create the problem. Now those countries should help solve it.
2008/04/10/New York Times

|

« JR東海 金谷駅 | トップページ | レギュラーガソリンの価格は128円/Lでした »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

食糧・資源・エネルギー」カテゴリの記事

コメント

経済ニュースゼミさん、コメントありがとうございます。
このところの穀物や原油の高騰は、1970年代と現象は似ているものの、何か根底で違っているような気がしています。
だからこそ、時々、新聞の社説などを読んだりするのですが、浅学な僕にさえ物足りなさを感じます。
何かを指摘することも必要ですが、自らが何かをすることが重要だと思います。そういった意味での物足りなさかな。

投稿: Kaze | 2008.05.01 21:04

 私、最近、朝日を読まないのですが、何とも浅い内容ですね。

 アサイシンブン

投稿: 経済ニュースゼミ | 2008.05.01 12:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/40918648

この記事へのトラックバック一覧です: 食料高騰に対する朝日新聞と New York Times の視点の違いが面白い:

« JR東海 金谷駅 | トップページ | レギュラーガソリンの価格は128円/Lでした »