« ココログのアンケート | トップページ | オフランプ/パット・メセニー »

2008.03.20

インフルエンザウイルスH5N1とH3N2に重複感染?

米国ミネソタ大学のCIDRAP(Center for Infectious Disease Research & Policy)に、新型インフルエンザ関係の少し気になる記事が掲載されていました。

それは、昨年、インドネシア ジャカルタの16歳の女性が、鳥インフルエンザA/H5N1亜型ウイルスと人のインフルエンザA/H3N2亜型ウイルス(香港風邪)のふたつのウイルスに同時に感染していた可能性があるという話しです。

症状自体は、それほど重いものではなく済んだみたいです。
ただ、喉や鼻腔から取ったサンプルや血清の検査からH5N1とH3N2のふたつのウイルスに同時に感染していた可能性があるとのこと。

インフルエンザウイルスのRNAは、8つに分かれているそうで、仮に2種類のウイルスに同時に感染した場合、RNAのパーツの交換が行われてドラスティックな変異をすることもあるみたいです。
ただ、こんな乱暴な交換での変異では、ウイルスとして生き残れる可能性は少ないような気もするけれど、仮にH5N1の病原性の強い部分とH3N2の人への感染性の部分がミックスしてしまえば、それこそ恐ろしい新型インフルエンザの発生てことになってしまいます。

インドネシアは、WHOの2008.03.18時点での報告では、これまでに鳥インフルエンザH5N1の129人の患者が確認され、105人が亡くなっています。
参照:Avian influenza/WHO

鳥インフルエンザが蔓延している地域では、人のインフルエンザと重複して感染する確立が高くなるので、CIDRAPの記事に目が留まりました。

それと、この女性はH5N1に感染しても、呼吸器の障害は出ず、それほど重い症状にならなかったてことですが、どういうことなのだろう?重複感染していたので軽かったとか。そんなことないよね。
インドネシアでのH5N1の致死率は81%、その中でも軽い症状で済む人がいたとしたら、そこに何らかの新型インフルエンザ対策のヒントはないのかなあ。

引用文Avian, human flu coinfection reported in Indonesian teen
Maryn McKenna * Contributing Writer
An Indonesian teenager has been brought forward as a case of simultaneous infection with seasonal and avian strains of influenza-a possibility that health planners have long warned could give rise to a pandemic flu strain.
In a paper presented today at the International Conference on Emerging Infectious Diseases, Vivi Setiawaty of Indonesia's Center for Biomedical and Pharmaceutical Research and Development described the case of a 16-year-old girl who was tested for flu in Jakarta in April 2007 under a flu-surveillance system established in 2005 by the Indonesian Ministry of Health.
The girl, who had been experiencing flu symptoms for several days, was only mildly ill, with a 100.5oF fever, sore throat, cough, headache, and body aches, but no difficulty breathing and no signs of pneumonia. (Case reports of H5N1 patients in countries such as Thailand have described more dramatic clinical presentations.)
Throat and nasal-swab samples that were taken on the 6th day of her symptoms tested positive by reverse-transcriptase polymerase chain reaction (RT-PCR) for both avian influenza H5N1 and the seasonal flu strain H3N2 at the Indonesian National Institute of Health Research and Development. Serology test results were less clear. Antibody titers from serum samples taken the 6th day provided a weak indication of H5N1 infection (titer of 1:10) but were negative for H3N2; convalescent sera, on the other hand, gave a strong indication of H3N2 infection (titer of 1:640) but were negative for H5N1.
The test results were confirmed by the Eijkman Institute for Molecular Biology in Jakarta, an arm of the Indonesian Ministry of Research and Technology, according to the paper. The girl's case fell within the period when the Indonesian government was not sharing flu isolates with the international laboratory system maintained by the World Health Organization, and there was no indication whether her isolates were evaluated outside the country.
"This is the first case-report of a human with both influenza A/H5N1 and H3N2 co-infection," the paper states. "Such infections are of great concern due to the possibility of genetic reassortment leading to the emergence of a H5N1 strain that is more easily transmitted human to human, and emphasizes the importance of advanced laboratory-based surveillance in geographic regions where both human and avian influenza viruses are co-circulating."
2008/03/17/CIDRAP News


|

« ココログのアンケート | トップページ | オフランプ/パット・メセニー »

ウイルス、細菌、微生物」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/40572546

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザウイルスH5N1とH3N2に重複感染?:

« ココログのアンケート | トップページ | オフランプ/パット・メセニー »