« 医療従事者の26%が転職!? | トップページ | 急性中毒を起こすほどの農薬が、何故、餃子に残留したのだろう? »

2008.01.30

死因不明社会/海堂 尊

「チーム・バチスタの栄光」(宝島社文庫 上下巻)が、僕の読んだ海堂 尊の最初の作品です。「チーム・バチスタの栄光」は、優秀な心臓外科医とそのスタッフがバチスタという特殊な手術を立て続けに失敗する。その原因を、学生以来手術をしたことのないパッとしない神経内科医と、変人ではみ出した厚生労働省の官僚が、解き明かすという医療ミステリーです。
その謎解きの決め手となったのが、死亡時画像病理診断(Autopsy imaging)です。

「死因不明社会」は、「チーム・バチスタの栄光」のキーとなったAiの必要性をわかりやすく論じた本です。

僕らは、誰でも何時かは何らかの原因で死にます。死亡の原因が死因で、死因がわからないものを異常死と言うそうです。そして、全死亡者数の15%が異常死と筆者は記します。
外から観察して死因がわからない場合、解剖をして死因を特定しようとするのだけれど、日本の解剖実施率は全死亡者の2%。これでは、死因が不明な事象が増え、医学の進歩に寄与せず、犯罪の特定も難しくなると問題提起します。

死因を特定する有力な方法の解剖は、労力や費用、制度など、現在の医療をとりまく様々な要因で行われなくなってきているそうです。

その問題を解決し死因不明社会を無くすために有効なのは、CTやMRIを利用した死亡時画像病理診断の導入だと筆者の持論を展開します。

現在、医学界で死因不明がどの程度問題視され、その解決策としての死亡時画像病理診断がどの程度議論されているのか、その世界に疎い僕にはわかりません。
でも、今まで生きている人間に対する医療への意識はあるにはあったけれど、死んだ後の医療にほとんど意識がなかった僕には、なかなか興味深い内容の本です。

また、「チーム・バチスタの栄光」で登場した厚生労働省の変人官僚 白鳥圭輔と記者の別宮葉子のコミカルな対話もはさんだりして、読みやすい構成になっています。

本死因不明社会 - Aiが拓く新しい医療 -
海堂 尊/講談社(ブルーバックス)/2007

書籍の紹介一覧 B0069

・ MediaMarker

死因不明社会
海堂 尊
講談社 ( 2007-11-21 )
ISBN: 9784062575782
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

※ 「おすすめ度」は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

・ この記事は「死因不明社会:無知は罪」(はてさてブックログ)と「海堂尊『死因不明社会』」(itchy1976の日記)にトラックバックしました。

|

« 医療従事者の26%が転職!? | トップページ | 急性中毒を起こすほどの農薬が、何故、餃子に残留したのだろう? »

書籍の紹介」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

itchy1976さん、コメントとトラックバック、ありがとうございます。
itchy1976さんから、僕のサブブログ「風の雑記帳」のエントリー「死因不明社会/海堂 尊」にトラックバックをいただいたので、感想を書いた本エントリーからトラックバックしました。

itchy1976さんのブログにお邪魔しますので、よろしくお願いします。

投稿: Kaze | 2009.01.30 22:56

はじめまして、itchy1976でございます。
TBありがとうございます。
こちらからも、TBさせていただきました。
気長に当サイトでも書評をアップしますので、
これから、よろしくお願いします。

投稿: itchy1976 | 2009.01.30 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/17778192

この記事へのトラックバック一覧です: 死因不明社会/海堂 尊:

» 【Ai(エーアイ)って何?】死因不明社会 [ぱふぅ家のサイバー小物]
世論が主体となって医療問題を考える時期に来た。 [続きを読む]

受信: 2008.02.15 07:41

» 海堂尊『死因不明社会』 [itchy1976の日記]
死因不明社会 (ブルーバックス 1578)海堂 尊講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、海堂尊『死因不明社会』を紹介します。本書は奇数章は、別宮葉子と白鳥の対話形式で記述される。偶数章は、実証データを使って説明される。論旨は分かりやすいように思える。同じことを何とも言っているので、著者の言いたいことはよくわかる。こういう内容がいいたいがゆえに、バチスタシリーズなどの小説を書いているんだなと思う。特に、『イノセント・ゲリラの祝祭』は、こういうことがいいたかったんだなとおもいます。 今や解剖は2%... [続きを読む]

受信: 2009.01.30 22:16

» 死因不明社会 海堂尊 [粋な提案]
ミステリーより怖い真実。日本の解剖率2%台は、先進国中ぶっちぎりの最下位。 98%は、体の表面を見るだけのいい加減な死亡診断が下されてい... [続きを読む]

受信: 2009.02.08 03:25

« 医療従事者の26%が転職!? | トップページ | 急性中毒を起こすほどの農薬が、何故、餃子に残留したのだろう? »