« 太陽活動と地球温暖化 | トップページ | 中国で鳥インフルエンザの人から人への感染が確認された »

2008.01.11

草思社が民事再生法の適用を申請

草思社が東京地裁に民事再生法の適用を申請したと、9日の朝日新聞が報じていました。支援企業の下、春には再スタートを切りたいとのことです。

草思社は、一般的ではないけれど面白い本を出す出版社といったイメージが僕にはあったのだけど、「声に出して読みたい日本語」「間違いだらけのクルマ選び」などメジャーな本も出していたんですね。(読んではいないけど)

本棚から随分前に買った草思社の本を数冊、引っ張り出してみました。いずれもハードカバーで2,000円前後の値段で、買うのに少し躊躇した本です。

草思社の本

出版不況が言われて久しいけれど、マイナーだけど面白い本を出版することは大変なんだね。
新生草思社は、どんな本を出版するのだろう?

ちなみに写真の本は、上から
「インターネットはからっぽの洞窟」/クリフォード・ストール(1997):ネットワーク社会に対する評論
「地球は復讐する」/フレッド・ピアス(1989):もう20年近く前に書かれた温暖化に対する警告
「カッコウはコンピュータに卵を産む 下」(1991年)/クリフォード・ストール:実話に基づく初期のハッカー小説。上巻が見当たらないよ。
「クォークとジャガー」/マレイ・ゲルマン(1997):サンタフェ研究所の複雑系の研究の成果の紹介。タイトルがカッコいいね。
です。

引用文草思社が民事再生法適用申請 負債総額22億5千万円
日本語ブームを巻き起こした「声に出して読みたい日本語」などで知られる中堅出版社の草思社(東京都文京区、木谷東男社長)が9日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は22億4789万円。複数の企業が支援を表明しており、事業は継続する方針。出版市場は90年代半ばから縮小を続けており、多くのベストセラーを生み出してきた中堅出版社の民事再生法申請は、出版不況の象徴といえそうだ。
同社によると、長引く出版不況で売り上げが低迷し、有利子負債が経営を圧迫、支援企業の下で再建を目指すことにした。店頭で書籍は購入できるという。2月中をメドに再建計画を詰め、3~4月に再スタートを切りたいという。同社の出版事業は最盛期の97年には31億9000万円の売り上げがあったが、昨年は13億6000万円に落ち込んでいた。
草思社は68年創立。個性的なネーミングで知られ、「間違いだらけのクルマ選び」を始め、「清貧の思想」「平気でうそをつく人たち」「他人をほめる人、けなす人」などのベストセラーを生み出してきた。
2008/01/09/朝日新聞

・ MediaMarker

インターネットはからっぽの洞窟
クリフォード ストール
草思社 ( 1997-01 )
ISBN: 9784794207432
おすすめ度:アマゾンおすすめ度



カッコウはコンピュータに卵を産む〈上〉
クリフォード・ストール, 池 央耿, Clifford Stoll
草思社 ( 1991-09 )
ISBN: 9784794204301
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


カッコウはコンピュータに卵を産む〈下〉
クリフォード・ストール, 池 央耿, Clifford Stoll
草思社 ( 1991-09 )
ISBN: 9784794204318
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


クォークとジャガー―たゆみなく進化する複雑系
マレイ ゲルマン
草思社 ( 1997-08 )
ISBN: 9784794207746
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

※ 「おすすめ度」は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

・ この記事は「ベストセラー狙いの罠」(薫日記)にトラックバックしました。

|

« 太陽活動と地球温暖化 | トップページ | 中国で鳥インフルエンザの人から人への感染が確認された »

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

草思社の民事再生手続、その後どうなったのでしょう?いい出資者が見つかったのでしょうか?

投稿: Kaze | 2008.04.06 11:45

ついに民事再生法ですか・・・
残念ですね。

投稿: http://www.minjisaiseihou.com/ | 2008.04.04 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/17643346

この記事へのトラックバック一覧です: 草思社が民事再生法の適用を申請:

« 太陽活動と地球温暖化 | トップページ | 中国で鳥インフルエンザの人から人への感染が確認された »