« 急性中毒を起こすほどの農薬が、何故、餃子に残留したのだろう? | トップページ | 京浜急行電鉄 仲木戸駅 »

2008.01.31

ボレロ/モーリス・ラヴェル

ふたつのメロディーが、少しずつ音を重ねながら延々と繰り返される。ラヴェルのボレロは、そんな単調な繰り返しが心地よい曲ですね。
そして、重ねられる楽器は多彩で華麗です。

繰り返されるるリズムは、民族音楽やジャズを連想させるし、重ねられるメロディーは、正にクラシックの美しさです。

何も考えず、ぼんやりと心地よく、僕はこの曲を聴いています。

LP/CDボレロ
モーリス・ラヴェル
ボストン交響楽団
小澤征爾(指揮)
Grammophone/1983

01. ボレロ
02. 道化師の朝の歌(Alborada del gracioso)
03. マ・メール・ロワ(組曲)

・ LP・CDの紹介一覧 M0097

|

« 急性中毒を起こすほどの農薬が、何故、餃子に残留したのだろう? | トップページ | 京浜急行電鉄 仲木戸駅 »

音楽」カテゴリの記事

LP・CDの紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボレロ/モーリス・ラヴェル:

« 急性中毒を起こすほどの農薬が、何故、餃子に残留したのだろう? | トップページ | 京浜急行電鉄 仲木戸駅 »