« 横浜市営地下鉄 関内駅 | トップページ | ガザニア:つぼみがふくらみだした »

2007.12.08

クリサンセマムの葉にとまるハモグリバエの成虫

クリサンセマム「ノースポール」の葉にとまるハモグリバエの成虫です。体長が2mmほどのとても小さなハエです。
ハモグリバエの仲間は種類が多く、写真の成虫の名前まではわかりません。
たぶん産卵にきているのだと思います。

クリサンセマムの葉にとまるハモグリバエの成虫

産卵し幼虫が葉の中で育つと、葉は絵を書いたような跡がつきます。

クリサンセマム:ハモグリバエの寄生

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

|

« 横浜市営地下鉄 関内駅 | トップページ | ガザニア:つぼみがふくらみだした »

ガーデニング」カテゴリの記事

ガーデニング日記 2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/17272062

この記事へのトラックバック一覧です: クリサンセマムの葉にとまるハモグリバエの成虫:

« 横浜市営地下鉄 関内駅 | トップページ | ガザニア:つぼみがふくらみだした »