« クリスマスローズ:花芽を持っていると思われる新芽 | トップページ | 白熱電球と電球型蛍光灯 »

2007.12.24

ずばり東京/開高 健

最近、テレビや映画、雑誌などで昭和、それも30年代が取り上げられることが多いように思います。
映画「always 続・三丁目の夕日」のテレビ・コマーシャルで、151系特急こだま号がチラッと映っていました。50歳を少し前にした僕は、こうした映像に弱いんだよね。

こんな懐かしさとは別に開高 健の「ずばり東京」を読みました。
「ずばり東京」は、東京オリンピックが始まる前の東京の多様な側面を切り取ったルポルタージュです。
兎に角、これでもかというくらい、つながりの無い場所を取材しています。
まさに「混沌」、当たり前のことだけど昭和30年代の東京が、現在として描かれています。

「ずばり東京」を読んでいると、僕が昭和30年代に感じている柔らかな懐かしさは何なんだろうと思います。
なんともやりきれない現在、でも、昭和30年代も同じじゃなかったか、いや、今のほうが少しはましじゃないかと思ったりします。

開高の身体を持った知性が描き出した混沌とした東京です。

本ずばり東京 - 開高健ルポルタージュ選集 -
開高 健/光文社(光文社文庫)/2007

書籍の紹介一覧 B0066

・ MediaMarker

ずばり東京
開高 健
光文社 ( 2007-09-06 )
ISBN: 9784334743093


・ このエントリーは「「Always 三丁目の夕日」の時代(昭和30年)の方が今よりもずっと殺人事件認知件数は多かったのですな。」(JIROの独断的日記ココログ版)にトラックバックしました。

|

« クリスマスローズ:花芽を持っていると思われる新芽 | トップページ | 白熱電球と電球型蛍光灯 »

書籍の紹介」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/17397797

この記事へのトラックバック一覧です: ずばり東京/開高 健:

« クリスマスローズ:花芽を持っていると思われる新芽 | トップページ | 白熱電球と電球型蛍光灯 »