« ヤマハのピアニカのブログパーツ | トップページ | ワンピース/尾田栄一郎 »

2007.12.04

インフルエンザが早めに流行りだしたみたい

この冬のインフルエンザの流行は早いみたいですね。中心となるウイルスはAソ連型とのこと。
Aソ連型て、H1N1亜型で1918年に大流行したスペインかぜのウイルスの末裔なんでしょうか?

岡田晴恵さんの「感染症は世界史を動かす」によると、H1N1は1918年に新型インフルエンザ、スペインかぜとして猛威をふるい、その後、1947年にイタリアかぜ、1977年にソ連かぜとして大きな流行をしています。スペインかぜのウイルスが変異してソ連型になったのか、全然、別の系統のH1N1がソ連型になったのかちょっとわからないのだけど、今年も流行りはじめたてことですね。

僕の免疫にどの程度、このウイルスの記憶が残っているかわからないので、予防接種を受けに行こうかな。

引用文インフルエンザ流行、過去20年で最速 厚労省
厚生労働省は4日、インフルエンザの全国的な流行期に入ったと発表した。国立感染症研究所(東京都新宿区)によると、例年より1カ月ほど早く、調査を始めた87年以降では最も早い流行入りという。
-----
同センターによると、Aソ連型が9割を占め、残りがA香港型とB型という。
厚労省は、できるだけ人込みを避け、帰宅時のうがい、手洗いを心がけるほか、早めにワクチン接種を受けるよう呼びかけている。
2007/12/04/朝日新聞


|

« ヤマハのピアニカのブログパーツ | トップページ | ワンピース/尾田栄一郎 »

ウイルス、細菌、微生物」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/17273015

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザが早めに流行りだしたみたい:

« ヤマハのピアニカのブログパーツ | トップページ | ワンピース/尾田栄一郎 »