« レギュラーガソリンの価格が151円に | トップページ | クリスマスローズ:株元から新芽がキョキニョキ出てきた »

2007.11.06

走ることについて語るときに僕の語ること/村上春樹

村上春樹は積極的に自分を語ることの少ない作家だと思います。勿論、彼の小説やエッセイ、旅行記そして村上朝日堂での読者の質問に対する回答などから、彼の考え方の断片を垣間見ることはできます。
でも、2005年の「意味がなければスイングはない」のように、彼の考え方(この場合は音楽を通してですが)をまとめて語る作品が発表されるようになりました。

「走ることについて語るときに僕の語ること」も、マラソンやトライアスロンを通して、彼の考え方や思いが語られています。
この本を読み始めて、少し違和感と言うほどではないけれど、今までの作品とは違った、上手く表現できないけれど、ストレートな力強さを感じました。
そして読み進めるうちに、この本は村上の「歳をとる」ことの受け入れ方が書かれているのではないかと思うようになりました。

村上は1949年生まれ50代後半で、僕より10歳ほど年上です。
40代後半の僕は、「歳をとる」ことを肉体的に実感しつつその前で戸惑っています。そんな時に読んだからこんなことを思っただけかもしれませんが。

本走ることについて語るときに僕の語ること
村上春樹/文藝春秋/2007

・ 書籍の紹介一覧 B0063

・ MediaMarker

走ることについて語るときに僕の語ること
村上 春樹
文藝春秋 ( 2007-10-12 )
ISBN: 9784163695808
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


・ このエントリーは「喪失と人生」(山草人のモノローグ )にトラックバックしました。

|

« レギュラーガソリンの価格が151円に | トップページ | クリスマスローズ:株元から新芽がキョキニョキ出てきた »

書籍の紹介」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/16925307

この記事へのトラックバック一覧です: 走ることについて語るときに僕の語ること/村上春樹:

» 走ることについて語る・・・ [ニャンケロ日記]
[画像] 小説家、村上春樹氏。彼の書き下ろした最新エッセー(著者はメモワールと記していた)だ。彼は今の文壇を代表するストーリー・テラーだと思うから、可能な限り読みたいと思っているが、時に付き合いきれない内容だったりもする。 今回は物語(と言うよりは、村上氏だから小説)ではないから、あまりその心配をせずに肩に力をいれずに(あるいは無防備に)読み進むことができた。 読んでみると、まるで自分が長距離ランナーであって、何気なくまた今日もちょいと10km程度走って来ようか、と言う気持ちになる。おまけに、走... [続きを読む]

受信: 2007.11.30 14:32

« レギュラーガソリンの価格が151円に | トップページ | クリスマスローズ:株元から新芽がキョキニョキ出てきた »