« クリサンセマム:播種 | トップページ | JR東海 富士駅 »

2007.09.03

陽光/富樫雅彦

ジャズ・パーカッショニストの富樫雅彦さんが、8月22日に亡くなられたことを少し前の朝日新聞で報じていました。享年67歳だったそうだ。

このことが心に引っかかって、学生時代に買ったLPレコード「陽光」をラックの片隅から引っ張り出してきて聴いています。

「陽光」は、ベーシストの鈴木 勲とのデュオによる作品です。
全体からふたりの会話を聴くことができ、ぐっと引き締まった中に温もりが感じられる素敵な作品です。

僕が二十歳の頃聴いて感じたことよりも、40代も後半の今、聴いて感じたことの方が、より深みがあるんじゃないかと、不遜にも思っています。

LP/CDA DAY OF THE SUN
富樫雅彦(pre) 鈴木 勲(b)
富樫雅彦/PADDLE WHEEL/1979

01. A DAY OF THE SUN(陽光)
02. BIRTH OF YELLOE EGGS(東洋の黄色いたまご)
03. LONRLY BLUE(ロンリー・ブルー)
04. CREATURES IN THE DEEP BLUE SEA(深海生物の歌)
05. SILVERY FLASH(シルヴァリー・フラッシュ)
06. AWAKENING OF THE FRESH GREEN(芽ばえ)

・ LP・CDの紹介一覧 M0089

・ MediaMarker

陽光
富樫雅彦&鈴木勲
P-JAZZ ( 2005-06-22 )

※ 「おすすめ度」は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

引用文富樫雅彦さん死去 日本のフリージャズ奏者の先駆け
日本のフリージャズ奏者の先駆けとして知られるドラマーの富樫雅彦(とがし・まさひこ)さんが22日、心不全で死去した。67歳だった。葬儀は23日、近親者で終えた。
-----
14歳でデビュー。65年、山下洋輔さんらとカルテットを結成、以降、フリージャズの旗手として活躍。その後も、渡辺貞夫さんら内外の多くの著名ミュージシャンと共演した。69年に事故で車いす生活となるが、独自のドラムセットを使い、両手のみで多彩なリズムを刻んだ。02年から体調を崩し、演奏活動から退いていた。
2007/08/23/朝日新聞

|

« クリサンセマム:播種 | トップページ | JR東海 富士駅 »

ニュース」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

LP・CDの紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/16321054

この記事へのトラックバック一覧です: 陽光/富樫雅彦:

« クリサンセマム:播種 | トップページ | JR東海 富士駅 »