« JR東海 草薙駅 | トップページ | Thunderbird 2.0.0.5 にマイナーバージョンアップ »

2007.07.20

ウールと古紙から生まれた植木鉢

東京海上日動火災保険が配っていた「ウールと古紙から生まれた植木鉢」です。
不要になったウール衣料品のウールの部分を粉状にしたものと、古紙を混ぜ合わせた原料から作った植木鉢だそうです。
当然、有機物なんで土壌微生物や酵素により分解されてしまうので、半年から1年の寿命と説明書にあります。
寿命は短いけど分解されて土に戻ることと、プラスチックの鉢のように長持ちすること、どちらが環境に負担が少ないのだろう?

まあ、何かこの鉢で栽培してみて、ブログでその様子を紹介します。

ウールと古紙から生まれた植木鉢

・ 関連Blogはこちらへ。

・ 関連エントリー:ウールと古紙から生まれた植木鉢にクリサンセマムを植えた(2007.11.25)

|

« JR東海 草薙駅 | トップページ | Thunderbird 2.0.0.5 にマイナーバージョンアップ »

ウイルス、細菌、微生物」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

ガーデニング日記 2007」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/15779969

この記事へのトラックバック一覧です: ウールと古紙から生まれた植木鉢:

« JR東海 草薙駅 | トップページ | Thunderbird 2.0.0.5 にマイナーバージョンアップ »