« 民主主義は、最悪の政治形態である。これまでに試されたすべての形態を別にすれば | トップページ | 寄生蜂の産卵??? »

2007.07.10

ツマグロヒョウモンをよく見かける季節です

先日、ツマグロヒョウモンの幼虫を紹介しましたが、成虫もよく見かけます。

下の写真は、ビオラに産卵に来た雌の成虫です。雌の方が豹紋の図柄が派手で綺麗です。雄の写真も撮りたいのですが、なかなかお目にかかれません。

ビオラとツマグロヒョウモンの雌成虫

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

|

« 民主主義は、最悪の政治形態である。これまでに試されたすべての形態を別にすれば | トップページ | 寄生蜂の産卵??? »

ガーデニング」カテゴリの記事

ガーデニング日記 2007」カテゴリの記事

コメント

つれづれさん、こんにちは。
1950年に出版された「日本昆虫図鑑」によると、ツマグロヒョウモンの分布は、本州(西部)、四国、九州、琉球(沖縄が返還される前の古い本です!)となっています。
ですから仙台では見られないのかもしれません。静岡でよく見かけるてことは、温暖化で生息域が北へ広がっているのかな?

投稿: Kaze | 2007.07.10 23:02

ツマグロヒョウモンに北限があるのでしょうか?
仙台に来て まだ一度も幼虫にも成虫にも出会ったことが
ありません。単純にわが家のまわりにいないだけなのかな?

投稿: つれづれ | 2007.07.10 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/15693870

この記事へのトラックバック一覧です: ツマグロヒョウモンをよく見かける季節です:

« 民主主義は、最悪の政治形態である。これまでに試されたすべての形態を別にすれば | トップページ | 寄生蜂の産卵??? »