« JR東海 品川駅 | トップページ | ビオラ:フルーナが最盛期 »

2007.04.27

ウォークマンとICレコーダー

ソニーからカセット・テープの携帯型再生装置のウォークマンが発売されたとき、その小ささに本当にびっくりしました。ウォークマンの発売によって、音楽を外に持ち出すことが一般的になったんだと思います。

といっても、ナイアガラ・レーベルの大滝詠一さんは、それ以前からステレオ・ラジオカセットを背負って、ヘッドフォンを使い野外で音楽を聴いていたという逸話が残っているけれど。

それが今では、もっと小さくなって胸ポケットに入るほどの大きさです。そして、そのことにびっくりもせず、当たり前に感じてしまっています。

下の写真は、録音もできるソニーのウォークマン WM-D3 (上)とパナソニックのICレコーダ RR-US500 です。

Panasonic RR-US500 と Sony WALKMAN WM-D3

・ この記事は「SONYのウォークマン♪」(☆ルナのひとりごと☆彡)にトラックバックしました。

|

« JR東海 品川駅 | トップページ | ビオラ:フルーナが最盛期 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/14706892

この記事へのトラックバック一覧です: ウォークマンとICレコーダー:

« JR東海 品川駅 | トップページ | ビオラ:フルーナが最盛期 »