« シャコバサボテン:この冬、最後の花 | トップページ | ネモフィラ:開花最盛期 »

2007.02.28

夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦

背景として京都の街がよく書き込まれたファンタジーです。

真面目で思いやりがあり自分に正直で、それでいてその行動は相当はずれているなんとも可愛らしい彼女と、彼女に思いを寄せ、それを遂げるため彼女の外堀を一生懸命埋める努力を惜しまない、情けない青年の物語です。

物語はひとつの事柄に対して彼女と青年、それぞれから語られ展開します。その捉え方の違いがとてもほほえましいく映ります。
また、それをとりまく怪しげな登場人物たちの個性が物語に奥行きを持たせます。

読んでいる僕自身が、彼女に魅了されながら、青年に同情してしまう楽しい物語です。

本夜は短し歩けよ乙女
森見登美彦/角川書店/2006

・ 書籍の紹介一覧 B0046

・ MediaMarker

夜は短し歩けよ乙女 
森見 登美彦
角川書店 ( 2006-11-29 )
ISBN: 9784048737449
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


・ このエントリーは「謎解きはディナーのあとで」(美瑛の四季)にトラックバックしました。

|

« シャコバサボテン:この冬、最後の花 | トップページ | ネモフィラ:開花最盛期 »

書籍の紹介」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/14045248

この記事へのトラックバック一覧です: 夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦:

« シャコバサボテン:この冬、最後の花 | トップページ | ネモフィラ:開花最盛期 »