« 環境問題の杞憂/藤倉 良 | トップページ | 宮崎でまた鳥インフルエンザ発生? »

2007.01.23

二例目のタミフル耐性鳥インフルエンザウイルス

2005.10.18のエントリーにも書いたけれど、今度はエジプトでタミフル耐性のH5N1が見つかったとのことです。
耐性としては中程度で、人への感染力は確認されず、広がる兆候も見られないとのことで、それほど心配することではないかもしれませんが、ちょっと気になるニュースです。

現在ある抗インフルエンザ薬は、実質タミフルしかないわけで、一般のインフルエンザでも処方してくれるようになったけど、飲む方も処方に従って飲んで、耐性ウイルスが出ないように注意しなければね。

引用文タミフル耐性ウイルス検出 エジプト
世界保健機構(WHO)によると18日、鳥インフルエンザ(H5N1)に感染したエジプト人2人から、抗ウイルス薬タミフルに耐性があるウイルスが検出された。タミフルに耐性のあるウイルスとしては05年にベトナムで一例が確認されて以来。
-----
WHOは、このウイルスについて「人への感染力が確認されず、影響は限定的」としている。
現時点ではエジプトなどでこの耐性ウイルスが広がる兆候は見られないという。
(AFP時事)
2007/01/19/朝日新聞(夕刊)

|

« 環境問題の杞憂/藤倉 良 | トップページ | 宮崎でまた鳥インフルエンザ発生? »

ウイルス、細菌、微生物」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/13619861

この記事へのトラックバック一覧です: 二例目のタミフル耐性鳥インフルエンザウイルス:

« 環境問題の杞憂/藤倉 良 | トップページ | 宮崎でまた鳥インフルエンザ発生? »