« 2006年12月は少し暖かかった | トップページ | 東京地下鉄(東京メトロ) 日比谷駅 »

2007.01.06

はじめての文学 村上春樹/村上春樹

文藝春秋から出された「はじめての文学」シリーズの村上春樹編です。現在、村上春樹と村上龍が既刊され、今後順次、日本の近代小説の作家が追加されていく予定のようです。
「はじめての文学 村上春樹」には、若い人向けの短編小説として村上自らがピックアップした17編が収められています。
そして、巻末には「かえるくんのいる場所」と題して、選んだ短編の手短な解説が書かれていて、村上ファンならこの部分も楽しんで読めるかもしれません。

主に短編集「カンガルー日和」「夜のくもざる」「レキシントンの幽霊」「神の子どもたちはみな踊る」からピックアップされているので、読んだことを憶えていたり、すっかり忘れていたりで、割と新鮮な感覚で読むことができました。

僕は、村上の短編も長編も好きですが、短編は主題がすっきりしていていいですね。はじめて村上作品を触れる場合は、短編から入るのも手かもしれません。

はじめての文学と取り上げられた短編集

本はじめての文学 村上春樹
村上春樹/文藝春秋/2006

・ 書籍の紹介一覧 B0041

・ MediaMarker

はじめての文学 村上春樹
村上 春樹
文藝春秋 ( 2006-12-06 )
ISBN: 9784163598109
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

※ 「おすすめ度」は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

・ この記事は「春樹さんGoo!」(四面楚歌はかく語りき)にトラックバックしました。

|

« 2006年12月は少し暖かかった | トップページ | 東京地下鉄(東京メトロ) 日比谷駅 »

書籍の紹介」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/13266284

この記事へのトラックバック一覧です: はじめての文学 村上春樹/村上春樹:

» 村上春樹を英語で読む [翻訳blog]
 4月からあるカルチャー・センターで「村上春樹を英語で読む」という講座を始めよう [続きを読む]

受信: 2007.01.20 20:22

« 2006年12月は少し暖かかった | トップページ | 東京地下鉄(東京メトロ) 日比谷駅 »