« JR東日本 さいたま新都心駅 | トップページ | シャコバサボテン:ようやくつぼみがふくらみだした »

2006.11.22

月刊アスキー 2006年12月号/アスキー

月刊アスキーは、12月号から内容が一新されました。「ビジネスとITのギャップを埋める」と表紙に記されているように、その内容はITに軸足を置いたビジネス雑誌といった趣です。
従来の月刊アスキーのPCやソフトウエアの仕組や使い方など技術的な情報を中心にした編集から、大きく方向転換した感じです。

専門家とマニアのものだったPCが、今ではごく普通に仕事や家庭に入り込んできています。このことを考えれば、今回の編集方針の転換はなんとなくわかるような気がします。
装丁は薄くなり、価格は590円に下がり、出張の際、移動の電車の中で読むには手頃になりました。
掲載されている記事も力の入ったものです。

でも、その内容は月刊アスキーでない他の雑誌てもいいんじゃないて、気持ちがどうしても残ります。これからどうのようにして月刊アスキーらしさを出すか、興味のあるところです。
それと、出張に僕は月刊ではなく、駅の売店で売っている週間アスキーを持って行きます。

新装刊の月刊アスキー(上)/週間アスキー(下)

本ascii 12 2006 Dec.No.351
ASCII/2006

・ 書籍の紹介一覧 B0038

|

« JR東日本 さいたま新都心駅 | トップページ | シャコバサボテン:ようやくつぼみがふくらみだした »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍の紹介」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/12759035

この記事へのトラックバック一覧です: 月刊アスキー 2006年12月号/アスキー:

« JR東日本 さいたま新都心駅 | トップページ | シャコバサボテン:ようやくつぼみがふくらみだした »