« パンジー:種子の形成 | トップページ | カラーが次々と開花しています »

2006.06.26

W杯もいよいよ本番。でもスウェーデン負けてしまった

決勝トーナメントが始まり、いよいよワールドカップも本番と思っていたら、いきなり応援しているスウェーデンがドイツに0‐2で負けてしまいました。流石に、質実剛健なスウェーデンも開催国で勢いに乗るドイツの猛攻を防ぎきれませんでした。序盤の2失点と退場が痛かったです。
ドイツは次ぎにアルゼンチンと対戦するけれど、この試合も見物ですね。攻守ともに乗ってきたアルゼンチンも、メキシコには相当苦戦していたものね。でも決勝点となった延長前半のマキシ・ロドリゲスのワントラップしたシュートは本当に美しかった。

ところで、決勝トーナメントにアジアからひとつも出ていないのが残念です。
イラン:1、日本:1、韓国:4、サウジアラビア:1の勝点では仕方がないか。先輩格の韓国に頑張って欲しかったけれど、今一歩届かなくて残念です。
これで、次回の南アフリカ大会のアジアの出場枠4.5の確保が難しくなるかも。
日本にとって予選突破の困難さが今以上になるものね。
次期監督にジェフ千葉の現監督オシムになる予定だそうですが、これから大変だと思います。

フランス大会の時は、中山雅史(当時30歳)、井原正巳(30歳)のベテランとともに、中田英寿(21歳)、小野伸二(18歳)、川口能活(22歳)がいて、勝点はひとつも取れなかったけれど、次期大会への世代交代を含めたワクワク感がありました。
ところが、今大会はある意味、フランス大会からの完成系で、そういった意味での楽しさはありませんでした。

オシムが監督になるかはわかりませんが、南アフリカ大会、さらに次の大会を視野に据えて、世代交代を含めた代表チームを作っていくのか、気長に楽しみたいと思います。

・ この記事は「日本代表は負けましたが・・。」(T-SAITO 読書日記)にトラックバックしました。

|

« パンジー:種子の形成 | トップページ | カラーが次々と開花しています »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/10691938

この記事へのトラックバック一覧です: W杯もいよいよ本番。でもスウェーデン負けてしまった:

« パンジー:種子の形成 | トップページ | カラーが次々と開花しています »