« チューリップ:赤い花の開花 | トップページ | バンジー:次々と開花 »

2006.04.05

東海地震説に「間違い」に石橋神戸大学教授反論

本ブログでも取り上げた静岡新聞の記事に、取材を受けた本人の石橋克彦神戸大学教授が自らのウェブで反論しています。

「駿河湾地震(東海地震)は1944年(昭和19年)の東南海地震の割れ残りで、すぐにも起こるかもしれないと考えた。30年たって、現実にまだ起こっていないのだから、『割れ残り』という解釈は間違っていたと言われても仕方ない」(静岡新聞 2006/03/27)

という記事に対し、

「しかし、その後30年間東海地震が起こらなかった現在では、駿河湾地域が第二の意味の「割れ残り」で「数年以内に起こっても不思議ではない」とした1976年時点での切迫度の解釈が、結果的に間違っていたことは明白です。この点を私は認めますが、むしろ、認めるまでもないことです。
ただし、では遠州灘東半部+駿河湾地域を震源域とする東海地震が当分(例えば今後10年)起こらないのかというと、そんなことは現時点では言えません。まして、東海地震が消えて無くなったなどということは全くありません。遠州灘東半部+駿河湾地域が第一の意味の「割れ残り」であることは現在でも厳然たる事実で、岩盤の変形も増え続けていますから、ここで近い将来大地震が発生する可能性、つまり現時点での東海地震の切迫性、を依然として否定することはできないのです。」(石橋克彦 私の考え 2006/04/02)

と、静岡新聞の記事は読者に誤解を与えるものとしています。
また、

「東海地震は当分(または永久に)起こらないのかとか、これまでの対策は無駄だったのかというような誤解を引き起こし、東海地震に備える行政、民間、個人、研究者・専門家の努力に水を差しかねないものです。」(石橋克彦 私の考え 2006/04/02)

との危惧も書かれています。

でも、静岡新聞の記事を読んで東海地震が起こらないと思った人は余りいないんじゃないかな。
静岡に住んでいると小学生の頃から折に触れて、防災教育の一環として東海地震のメカニズムを教えられます。
また、観測網が整備されフィリピン海プレートとユーラシアプレートの地殻変動が観測されたりと、詳しいことは判らないまでも、何時、東海地震が起きてもおかしくないと、僕らは漠然と感じているんだと思います。

当の静岡新聞も翌日には、

切迫性変わらず 石橋教授の「割れ残り」解釈 県内、冷静に受け止め」(静岡新聞 2006/03/28)

という記事をだしているしね。

ただ、僕はこの記事を読んで早とちりな損害保険会社が、地震保険の掛け金を安くしないかと、邪な淡い期待を少しだけ抱いたけれど。

※ この記事を書くに当たって、情報もとの記事の断片を引用しました。ただ、切り取った断片だけみると確かに正しいけれど、前後の流れから考えると違った印象になることがよくあります。
そこで下記に情報ソースのリンクを記載しました。

2006年3月27日付静岡新聞1面記事 <東海地震説に「間違い」> は「誤報」(石橋克彦 私の考え 2006/04/02)

海地震説に「間違い」 提唱から30年 石橋教授見解 (静岡新聞 2006/03/27)

切迫性変わらず 石橋教授の「割れ残り」解釈 県内、冷静に受け止め (静岡新聞 2006/03/28)

【リンク切れ】
※太文字・斜体部は、ログ作成時は当該ページにリンクしていましたが、現在はリンク切れのため参照できません。

|

« チューリップ:赤い花の開花 | トップページ | バンジー:次々と開花 »

サイエンス」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/9446931

この記事へのトラックバック一覧です: 東海地震説に「間違い」に石橋神戸大学教授反論:

» 100年前を振り返る、大地震の記録と記憶 [夜明け前]
阪神大震災の当時、僕は、中国・内陸部の、しかも電話すらない田舎のホテルに泊まっていました。午後、何気なくテレビのあるロビーを横切ると、従業員を含めた数人がその前で何やら騒いでいました。僕は、遠目で画面に目をやり、腰が折れそうになりました。そこには、「日本壊滅」の文字が躍っていたのです。...... [続きを読む]

受信: 2006.04.18 07:05

« チューリップ:赤い花の開花 | トップページ | バンジー:次々と開花 »