« 秋にアサガオが花盛り | トップページ | ラベンダー:秋の花が盛りになりつつあります »

2005.10.21

井戸水の温度が突然上昇

10月19日付け朝日新聞の朝刊の静岡版に少し気になる記事が掲載されていました。
今年の8月5日に焼津市立港小学校の直径約1m、深さ約4mの井戸の水温が52.6度を記録したそうです。この水温の上昇は数日でもとのレベルに戻ったが、このような現象は昨年12月から8ヶ月間に目立った上昇だけでも12回あったとあります。
水温上昇の原因や仕組みは解明されていないけれど、プレートのスロースリップにより岩盤に無数の亀裂ができ、地下の高温の熱水が隙間から地上に上昇したのではとの推測もできるそうです。

東海地震との関係はわかりませんが、スロースリップとあわせて気になる現象です。
それにしても50度を超える水温とは相当なエネルギーですね。

引用井戸水、突然50度越す スロースリップ関連か
東海地震の想定震源域にある焼津市立港小学校の井戸で今年8月、井戸水の温度が突然50度を越すなど水温が急上昇する現象が起きていたことが、浜松市立神久呂中学校の上久保広信教諭と東京大学地震研究所の佃為成・助教授の調査でわかった。
プレートの「ゆっくり滑り「スロースリップ)」との関連が考えられるという。
2005/10/19/朝日新聞朝刊(静岡版)

|

« 秋にアサガオが花盛り | トップページ | ラベンダー:秋の花が盛りになりつつあります »

サイエンス」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/6475349

この記事へのトラックバック一覧です: 井戸水の温度が突然上昇:

« 秋にアサガオが花盛り | トップページ | ラベンダー:秋の花が盛りになりつつあります »