« Zeiss Ikon | トップページ | 大瀧詠一/大瀧詠一 »

2005.08.22

デジタル一眼レフに対する違和感

デジタル・カメラ、特に一眼レフが普及し始めた頃、フィルム式カメラと比べて違和感を感じたことのひとつに、カメラの性能の多くの部分をボディが占めていることです。
フィルム式の場合、レンズとフィルムに気を使っていればよかった。

学生の頃は(今でもそうだけど)、お金がないため、ニコン F2のかわりにニコマートFTN、F3のかわりにFEと、いわゆる廉価版の選択肢がありました。勿論、廉価版は装備された機能は落ちるけれど、デジタル一眼レフほど写る写真に違いはなく、むしろ選ぶレンズやフィルムの影響のほうが大きいよう思います。

デジタル一眼レフって、写真好きな貧乏学生(別に学生じゃなくても)にとって、購入に二の足を踏むものですね。

下の写真は、もう四半世紀使って、ボディはボロボロでも今だ現役のFEとニッコール35mmF2.0です。

Nikon FE + Nikkor 35mmF2.0

|

« Zeiss Ikon | トップページ | 大瀧詠一/大瀧詠一 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/5591476

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル一眼レフに対する違和感:

« Zeiss Ikon | トップページ | 大瀧詠一/大瀧詠一 »