« 大規模な野外ジャズ祭は開催されないのか | トップページ | オペラ座の夜/クィーン »

2005.07.03

ビオラ:そろそろ栽培は終わりです

気温が上昇しても頑張って咲いているビオラですが、流石に花は春よりもふたわまり程小さく、株も軟弱徒長気味でうどんこ病が発生しています。
そろそろ栽培終了時期です。

ビオラ:そろそろ栽培は終わりです

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

|

« 大規模な野外ジャズ祭は開催されないのか | トップページ | オペラ座の夜/クィーン »

ガーデニング」カテゴリの記事

ガーデニング日記 2005」カテゴリの記事

コメント

にんママさん、コメントありがとうございます。
静岡も東京と変わらず爽やかな気候とはとても言えないと思います。でも、だいぶ疲れてはきていますが、花を咲かせてくれていて、なかなか処分するタイミングがつかめないでいます。
ハンコック・トリオの「Maden Voyage」、素敵な曲ですね。

投稿: Kaze | 2005.07.04 19:48

kazeさん、ごぶざたしております。
今の時期でもビオラが咲いているんですか!
そちらは本当に爽やかな気候なんでしょうね。東京は人間にウドンコ病が出そうなくらい蒸し蒸ししています。

ところで、私もトニー・ウィリアムスのプレイをハービー・ハンコック・トリオで見たことがあります。かれこれ15年位前の話です。ジャズは詳しくないのですが、"Maden Voyage"をナマで聴きたくて行きました。日本では大規模なロック・フェスや季節モノのレゲエ・フェスこそありますが、多ジャンルはマイノリティ扱いですよね。これはひとえに音楽を聴く大人が少ないからだと思うのですが、どうでしょう?もっと音楽を生活の一部として愛好する大人が増えれば、大規模野外ジャズ・フェスも夢ではないと思いません?

投稿: にんママ | 2005.07.04 14:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/4811509

この記事へのトラックバック一覧です: ビオラ:そろそろ栽培は終わりです:

« 大規模な野外ジャズ祭は開催されないのか | トップページ | オペラ座の夜/クィーン »