« ビオラ:種子形成 | トップページ | 「HASH(0xb356ef8)」て何? »

2005.06.14

フィーリン・ザ・スピリット/グラント・グリーン

グラント・グリーンのギターは、なんとも泥臭く、そして心地よく響きます。この響きをブルージーて言うんだろうね。

ハービー・ハンコックのピアノ、ブッチ・ウォーレンのベース、ビリー・ビギンズのドラムス、そしてガーヴィン・マッソーのパーカッションで構成されたリズム・セクションは、とてもシンプルでグリーンのギターを前面に押し出します。

全体に漂う土の香りが魅力的な作品です。

LP/CDFEELIN' THE SPIRIT
Grant Green(g) Herbie Hancock(p) Butch Warren(b) Billy Higgins(ds) Garvin Masseaux(per)
Grant Green/BLUE NOTE/1962

01. Just a Closer Walk With Thee
02. Joshua Fit de Battle Ob Jericho
03. Nobody Knows the Trouble I've Seen
04. Go Down Moses
05. Sometimes I Feel Like a Motherless Child
06. Deep River

・ LP・CDの紹介一覧 M0042

・ MediaMarker

フィーリン・ザ・スピリット+1
グラント・グリーン
EMIミュージック・ジャパン ( 2008-08-20 )
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

※ 「おすすめ度」は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

|

« ビオラ:種子形成 | トップページ | 「HASH(0xb356ef8)」て何? »

音楽」カテゴリの記事

LP・CDの紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィーリン・ザ・スピリット/グラント・グリーン:

« ビオラ:種子形成 | トップページ | 「HASH(0xb356ef8)」て何? »