« ビオラ:紫色の花の開花 | トップページ | コメント欄の不具合 »

2005.03.17

銀河鉄道の夜/宮沢賢治

もう25年も前の学生の頃、東北地方を2週間ほど旅行し、釜石から花巻まで釜石線に乗りました。列車は、北上山脈を越え遠野に向かうとき、山越えのためヘアピンのようにループして登っていきます。トンネルに入って次の風景が見えると、先ほど見た景色のはるか上を走っていることに気がつきます。そのときの不思議な感覚を、今でも憶えています。
この釜石線に乗ろうと思ったのは、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」が気になっていたからです。

「銀河鉄道の夜」は、10年に一度くらい思い出したように読み返す本です。

主人公の少年、ジョバンニをとおして孤独や死、そして現実という重いテーマが淡々と静かに語られます。
そして語られる内容を解釈や理解するのではなく、そっとしておこうと、読むたびにその思いを強くする不思議な物語です。

ところで、野原の小さな停車場で聞える「新世界交響楽」は、やっぱり第2楽章なんだろうか。

本新編 銀河鉄道の夜
・ 双子の星
・ よだかの星
・ カイロの団長
・ 黄色のトマト
・ ひのきとひなげし
・ シグナルとシグナレス
・ マリヴレンと少女
・ オツベルと象
・ 猫の事務所
・ 北守将軍と三人兄妹の医者
・ 銀河鉄道の夜
・ セロ弾きのゴーシュ
・ 饑餓陣営
・ ビジテリアン大祭
宮沢賢治/新潮文庫/1924(初稿)

・ 書籍の紹介一覧 B0018

・ MediaMarker

新編銀河鉄道の夜
宮沢 賢治
新潮社 ( 1989-06 )
ISBN: 9784101092058
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

※ 「おすすめ度」は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

・ この記事は「童話と賢治」(山草人のモノローグ)にトラックバックしました。

|

« ビオラ:紫色の花の開花 | トップページ | コメント欄の不具合 »

書籍の紹介」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

This is my HP about Titanic Tredity.【http://www.freepe.com/i.cgi?kazuouma】

投稿: kazu | 2008.08.14 17:42

My first HP is about Titanic Tredity.My second HP is only my diary.
【http://book.geocities.yahoo.co.jp/gl/kazutoyonoouma】

投稿: kazu | 2008.08.14 17:38

わたしのサイトの「銀河鉄道の夜」1から9-6で14本のファイルがアップされて完結しました。コメントが不具合だったそうで、追加のお知らせをします。音声ブログのケロログです。

投稿: 渡辺知明 | 2005.04.19 20:45

わたしのサイトに「銀河鉄道の夜」、まず、冒頭の三章の表現よみの録音をアップしましたので、聴いてみてください。

投稿: 渡辺知明 | 2005.03.17 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/3326162

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河鉄道の夜/宮沢賢治:

» タイタニック号と「銀河鉄道の夜」 [Blog ことば・言葉・コトバ]
 タイタニック号の遭難は1912年4月14日、宮沢賢治は16歳、このとき賢治がこの事件を知っていたかどうか、また、どのようにして知ったかは分からない。しかし、「... [続きを読む]

受信: 2005.03.17 23:26

« ビオラ:紫色の花の開花 | トップページ | コメント欄の不具合 »