« ビオラ:だいぶ葉数が増えてきました | トップページ | ラベンダーの栽培にもう一度挑戦してみようか »

2004.11.29

ナイアガラ・カレンダー/大滝詠一

例年、クリスマスが近づくとラジオではクリスマス・ソングの特集がオン・エアされます。それぞれの世代に定番とされるクリスマス・ソングがあって、僕らの世代は山下達郎の「クリスマス・イブ」や松任谷由美の「恋人がサンタクロース」がそれに当るのでしょうか。
当時、これらの歌が街に頻繁に流れる師走になると、唄われるロマンティックなクリスマスとは無縁な僕は、少々ひねくれて大滝の「クリスマス音頭」を何度リクエストしようと思ったことか。

「ナイアガラ・カレンダー」はカレンダーと称するように、1月から12月までそれぞれの月をテーマにした作品が12曲収められています。
壁掛けのカレンダーのように月ごとのイメージがはっきりしていて、大滝の音楽の様々な個性を知る上でお勧めの1枚です。「真夏の昼の夢」(8月)や「思い出は霧の中」(11月)は、その後のヒット作「ロング・バケーション」につながりを感じるし、個人的に名作と思っている「青空のように」(6月)も収録されているしね。

LP/CDNIAGARA CALENDAR
大滝詠一/Niagara RECORDS/1977

01. ロックンロールお年玉
02. ブルー・ヴァレンタインズ・デイ
03. お花見メレンゲ
04. ベースボール・クレイジー
05. 五月雨
06. 青空のように
07. 泳げカナヅチ君
08. 真夏の昼の夢
09. 名月赤坂マンション
10. 座 読書
11. 想い出は霧の中
12. クリスマス音頭~お正月

・ LP・CDの紹介一覧 M0023

・ MediaMarker

NIAGARA CALENDAR
大滝詠一
ソニーレコード ( 1996-03-21 )
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

※ 「おすすめ度」は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

|

« ビオラ:だいぶ葉数が増えてきました | トップページ | ラベンダーの栽培にもう一度挑戦してみようか »

音楽」カテゴリの記事

LP・CDの紹介」カテゴリの記事

コメント

クリスマス音頭~お正月

聞きたいです!なつかしー!

投稿: 感謝と尊敬 | 2005.12.24 23:12

杏子梅さん、コメントありがとうございます。
お察しのとおり「クリスマス音頭」のおちゃらけ度は相当高いです。でも、巷のクリスマスを皮肉と愛情を持ってパロディにしているところが、流石、大滝さんです。
改めて調べてみると、このアルバムの「五月雨」と「真夏の昼の夢」で山下達郎がストリングス・アレンジャーとして参加しています。初代のナイアガラ・トライアングルの二人ですし、大滝と山下は表現様式は違うけれど、マニアックなところは共通していますね。

投稿: Kaze | 2004.11.30 20:42

『クリスマス音頭』・・・聴いてみたいです。

実際にリクエストした人がいたとしても、
『恋人がサンタクロース』や『クリスマス・イブ』の時代に、
ラジオ局としてはかけるわけにはいかなかったのでは・・・
という気のするタイトルですね。(しかも大滝さん・・・
なんとなくおちゃらけ度が高そう・・・)

投稿: 杏子梅 | 2004.11.29 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナイアガラ・カレンダー/大滝詠一:

» BlueValentaine'sDay/大滝詠一 [MUSICFREE]
もうすぐバレンタイン。バレンタインの歌というのはクリスマスソングと違って極端に少ない。チョコメーカーの戦略の一環なので当然といえばそれまでだけど。その数少ない中... [続きを読む]

受信: 2005.02.01 21:09

» 『青空のように』大滝詠一 [そらみみ電波塔]
大滝詠一の曲で一番好きな作品です。 「NIAGARA CALENDAR」(1977年)に収録されています。 シングルのジャケットにお子さんが写っているので 多分この曲はお子さんの事を歌った曲なんだと思います。 でも僕はいつも、好きな女の子の事を想って聴いてましたけどね。 ちなみにこの曲、最後に川´3`)のコーラスが入ってるんですが この曲の話題が出るたびに彼は、名前のクレジットがない事をぶーたれます。 NIAGARA CALENDARアーティスト: 大滝詠一出版社/メーカー... [続きを読む]

受信: 2005.09.07 10:03

» 睦月:Rock'n'Roll お年玉 [march's]
先日、久々にベストなタイミングでiPod nanoが選曲してくれました(すべてシャッフルで聞いてます)。 一発目、カレンダーを破く音(予想)〜明けましておめでとうございます!で始まる、この曲が収録されている「NIAGARA CALENDAR」はその名の通り、カレンダーなので全12...... [続きを読む]

受信: 2006.01.09 16:24

« ビオラ:だいぶ葉数が増えてきました | トップページ | ラベンダーの栽培にもう一度挑戦してみようか »